2017年09月13日

Sunday Bloody Sunday


1972年北アイルランドのロンドンデリーで起きた「血の日曜日事件」を扱った映画「ブラディ・サンデー(Bloody Sunday)」を紹介します。

「血の日曜日事件」は、1972年1月30日、デモ行進中の市民27名がイギリス陸軍落下傘連隊に銃撃され、14名死亡、13名負傷した、未だうやむやな部分の残る虐殺事件です。

兵士が、逃げ惑う無防備な市民、被弾した人を助けようと白旗を揚げた人に躊躇なく銃を向け殺害しても、後悔の念すらなく、”アドレナリンが出まくった”と嬉々としている姿が描かれ、カメラワークの臨場感とともに、その生々しさにゾッとします。

この事件の場合、IRA(アイルランド共和軍)への疑心暗鬼から行動がエスカレートしたのでしょうが、権力側の横暴、その後の隠蔽体質は、独裁国家だけではなく民主国家と言われている国でも結構あるんだろうな、思いました。

異なる意見を排除しようとする強権な政治を盲目的に支持する人がいますが、常に権力側に対しては、懐疑的・検証的な視点が大事だと、この映画を観て思いました。

映画では、U2の「Sunday Bloody Sunday」がエンディングに使われていましたが、より直接的なジョン・レノンのこの曲の方がこの事件を生々しく描いています。

●Sunday Bloody Sunday - John Lennon


posted by Kadan at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介

2017年09月07日

フランク・ロイド・ライトのカラー化

wright_bl.jpg

旧帝国ホテルの設計でも知られる、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトをカラー化しました。ライトの建築は、現代建築の源流でありながら、今の冷たい無機質なものとは大きく違い、自然と調和する温かみがあります。

ホームページ+ELPH+ studio Kanda Kadanの「古写真カラー化」- (人物着色)にも掲載します。


elphbanner234.jpg


posted by Kadan at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト紹介

2017年09月01日

阿久悠の世界

先ごろ24時間テレビでドラマ化もされた、70年代を代表する作詞家・阿久悠。80年代の代表・松本隆の詞が今もストレートに伝わってくるのに対して、まさに時代を背負った世界観になってしまった阿久悠の詞ですが、私はそれが悪いことだとは思いません。高揚した60年代の後、爛熟した70年代らしい多様な阿久悠世界は、歌謡曲を全盛にしました。

5000曲もあるといわれる楽曲の中から、私がiPhoneで聴いているお気に入りをいくつか紹介します。


●朝まで待てない - The Mops
世界のサイケマニアに知られるモップスのデビューシングルです。シングルのためプロ作家に任せた曲ですが、アレンジのダルな感じがロックです。


●十七の夏 - 桜田淳子
大好きな70年代歌謡の中でも1・2を争うアイドル歌謡の名曲です。70年代の理想のティーンエイジャーな歌詞がまぶしいです。


●時の過ぎゆくままに - 沢田研二
ドラマ「悪魔のようなあいつ」の主題歌でもあるこの曲は、虚無的で渋い曲です。数年前CSでドラマを観て、大好きな一曲になりました。



posted by Kadan at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介