2020年05月25日

スティーリー・ダン気分

AORという音楽が苦手でした。アダルト・オリエンテッド・ロックの略で、メロウでアダルトなアメリカのロックを指しますが、線引きが微妙でジャンル分け好きな日本人以外には基本通じません。AORのイメージはロックの攻撃性もなければ斬新さもなく、カッコつけたアメリカのホワイトカラー白人が聴く音楽と言う感じで、まったく興味を持てないジャンルでした。ところが40代くらいから、AORの代表ともいえるスティーリー・ダンが時々無性に聴きたくなってしまいます。

スティーリー・ダンの無駄な音を削ぎ落とした繊細で緻密なアレンジ、品があってスタイリッシュなメロディは、60sRockのエネルギーや70sハードロック、プログレの斬新さ、80sPopの楽しさなど、感情が動く音楽とはちょっと違う、心地よく聴きたい音楽といった感じでしょうか。

まあ他のムーディーで都会やリゾート地の哀愁感が強い、 ボズ・スキャッグスやボビー・コールドウェルは未だ苦手なので、AORが好きになったというよりスティーリー・ダンが好きになっただけなのでしょう。

● King Of The World - Steely Dan


● Peg - Steely Dan


● I.G.Y. (What a Beautiful World) - Donald Fagen


posted by Kadan at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2020年05月14日

ネットで給付金申請

海外のような迅速な給付とは雲泥の差の日本でも、やっと特別定額給付金の申請が始まりました。ネットでの申請はマイナンバーカード(マイナンバー通知カードでなく)があればすぐに行えます(自治体にもよりますし給付はずいぶん後になるようですが…)。ただし注意が必要です。マイナンバーカードに付随する4桁のパスワードと6〜16桁のパスワードが分からない方は、役所に行って数時間待ちの再発行と本末転倒状態になるので、郵送申請の方がいいでしょう。

ネットでの申請は、パソコンかスマホですが、パソコンの場合は別途カードリーダーが必要なので、スマホが気軽です。iPhoneユーザーなら、まずApp Storeで「マイナポータルAP」というアプリをインストールしておき(iOS 13.1 以降、Android 6.0 以上でないとできません)、その後Webブラウザーで「マイナポータル」にアクセスして進めていけば申請できます。詳細は下記記事が参考になります。
始める前に、
・マイナンバーカード
・マイナンバーカード申請時に登録した4桁のパスワードと6〜16桁のパスワードの控え
・通帳やキャッシュカードなど振込先口座がわかるものを撮った写真画像
を用意しておくとスムーズにできます。

私の場合、マイナンバーカード情報の読み取りに何度か失敗しました。なるべく近づけた方がいいようです。また時間帯によっては混雑してうまくいかない場合もあります。世帯主が申請ですが、スマホを持ってる家族が世帯主の代わりに行う(世帯主のマイナンバーカードで)ことも可能です。

本来は生活費に使う給付金なのですが、不謹慎にもMacBookやエレキベースを買う誘惑に襲われています…。

● ケータイWatchより
iPhoneやAndroidで10万円の特別定額給付金を申請する手順は? 機種、必要アプリも要チェック
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/teppan/1250981.html





posted by Kadan at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月03日

補陀落と小磐梯

"不要不急の外出を自粛"の今、自画自賛好きな右寄りの方やキャスターが、「自粛でここまで出かけなくなる日本人はすごいです」と渋谷スクランブル交差点を見ながらコメントしてますが、行きたい店が閉まってるから行かないだけで、店が開いてる商店街やパチンコは普段以上に混雑しているのが現状です。

早く収束させるには、なるべく外出は控え、家で過ごすのがベストです。映画を観るのもいいですが、たまには読書三昧するのもお薦めです。よく、落ち込んでる時は楽しく気軽なのがいいと言う人もいますが、時としてその楽しさが自分とはかけ離れた能天気さや絵空事に感じて楽しめないことがあり、逆にヘビーで深い方が癒してくれる場合もあります。

井上靖の短篇集「補陀落渡海記 井上靖短篇名作集」は、後者に当たりますが、人は皆悩み、恐怖や自然の脅威などを体験し、時を生きていることを感じさせる名著です。

熊野補陀落寺の記録に残る実話を元に、61歳の11月に小舟に乗って西方浄土に旅立たなければならない主人公住職金光坊の恐怖と葛藤を描いた表題作「補陀落渡海記」も必読ですが、その世界に入り込んでしまったのは、1888(明治21)年の磐梯山大噴火を描いた「小磐梯」です。裏磐梯の檜原村へと測量調査に赴いた郡役所の役人の手記というかたちの小説で、磐梯山近辺の異常現象に不吉なものを感じながら調査していくと、「ここから先に入ってはいけない」と気がふれたような老人に出会ったり、動物が逃げまどう姿を目にします。そして、地鳴りや揺れで不安になった住民が、山に向かって「ぶんぬけるんなら、ぶんぬけてみろ」と叫んだ瞬間、火山は大爆発を起こします…。

圧倒される自然の脅威の前に人は何もできないことが、ちょっと寓話的な世界で繰り広げられる名作です。他にも「グウドル氏の手套」「姨捨」「道」など、独自の世界観が味わえる9篇が収録されています。




posted by Kadan at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本紹介