2017年03月24日

村田喜代子の異世界

芥川賞受賞作「鍋の中」や映画化された「蕨野行」で知られる村田喜代子。この人の小説は独自の世界を持っています(タイトルもいいセンスです)。どこにもありそうで決してない不思議な舞台設定、そして奇妙な人たち。ファンタジーというほど夢物語でなく、幻想小説というほど幽玄でない、ある意味庶民的な人たちが、不可思議な世界を生きている、といった感じでしょうか。

純文学系ではありますが、何を物語っているのかわからない自己表現だけの感覚的なものでなく、話として楽しめ、何とも言えない読後感を味わえる小説です。そんな異世界小説、村田喜代子作品の中からお気に入りを三冊紹介します。他にも、短編集「鯉浄土」や「人が見たら蛙に化れ」など魅惑的なタイトルの作品もあります。



「硫黄谷心中」
昔心中の名所だった硫黄谷を舞台に、澤田屋旅館に集まった宿泊客と旅館の父娘、従業員のお婆さん、さらにはそこで昔起きた3組の心中が交錯する作品です。



「お化けだぞう」
宝永六年、日本橋の浜田屋の主人藤兵衛と妻のタキや手代たちが旅先で、草木による怪異を体験する連作短編集です。



「耳納山交歓」
耳納山麓の別荘地キクラゲ村の住人と、山深く時の止まった隠れ里に住むヒラタケ村の人々との不思議な交流を描いた心温まる作品です。
名品なのにAmasonや古書店にもなかなかありません。図書館にはあるかもしれません。




posted by Kadan at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本紹介

2017年03月16日

忙しい時の一時

忙しいとイライラが募り精神的に良くありません。そんな時、こんなものを観るといいかもしれません。













posted by Kadan at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月10日

加工してません

7fd39028-s.jpg


Photoshopは便利で、非現実的なモノでも人をだませるほどリアルに作れてしまいますが、ここで紹介している写真は加工してない本物の世界のようです。こんな写真撮れたら人に見せたくなる気持ちわかります。

上に掲載してる写真など、一見3枚の写真を組み合わせたようにしか見えませんが、よく見るとうまく境界を合わせた写真だと気づきます。なんでもない風景も構成でここまで不思議な写真にできる、典型的なものでしょう。


●秒刊SUNDAYより
【うそでしょ?】フォトショ加工なしだなんて信じられない奇跡の写真たち10選
http://www.yukawanet.com/archives/5183830.html#more




posted by Kadan at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2017年03月05日

別れ、卒業の歌謡曲

3月は、卒業、上京、転勤など別れ・旅立ちの季節でもあります。私の場合もう20年以上そんな体験はありませんが、そんな別れ・旅立ちの曲を聴くと、なんとも言えない気持ちになるのは、桜が咲き、緑が芽吹く前だからでしょうか…。

ここでは歌謡曲全盛時代の、別れ・旅立ちをテーマにした、胸に迫る名曲を幾つか紹介します。

●微笑がえし
キャンディーズが好きな人はイントロだけで感傷的になるでしょう。新たな道へ向かう際の悲しみと期待が一緒になった名曲です。


●木綿のハンカチーフ
旅立ちから、お互いの気持ちが少しづつ離れていく状況を対話形式で描いた、松本隆の初期代表作です。


●制服
ちょうどこの曲の世代で、歌詞もそうですが曲も魅力的な名曲です。松本隆作詞、作曲呉田軽穂(松任谷由実)です。




hr.gif




ホームページ+ELPH+ studioを全面的にモデルチェンジし、一応レスポンシブル対応デザインにしました。

elphbanner234.jpg





posted by Kadan at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2017年02月25日

YOKAI

yokai.jpg

フランス人写真家シャルル・フレジェによる、日本の「YOKAI」(妖怪)たちをとらえた写真集「YOKAI NO SHIMA」。日本の各地に伝わる祭りの仮面や装束を使い、独自の妖怪ポートレイトにしています。

知ってるものもあれば、本当に日本の祭装束?といったものまで、いろいろ掲載されています。あらためて、ここで紹介されているような伝統の行事はどんなことがあっても絶やしてはいけない貴重な文化だと気づきます。


●WIRED.jpより
フランス人写真家が捕らえた「YOKAI」が教えてくれる、異世界と「共存」するということ
http://wired.jp/2016/08/21/yokai-no-shima/?utm_content=bufferd12d1&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer







posted by Kadan at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本紹介
gotop.jpg