2015年07月29日

夏の曲

日本の夏は暑いですが、夏の曲は嫌な湿気も忘れさせてくれる魅力があります。

真夏のキラキラする曲も元気があって楽しいですが、湿度を感じない透明感ある夏の曲もいいです。避暑地にぴったりのオールディーズからと名曲揃いの7.80年代の歌謡曲からの選曲です。

●Summer Holiday - Cliff Richard
古き良き避暑地での夏がぴったりの曲です


●A Summer Song - Chad and Jeremy
こちらも湿度のない高原の夏に似合います



歌謡曲から

●十七の夏
70年代歌謡でアレンジも含め最も好きな夏の曲です


●白いパラソル
中学時代の夏を思い出す透明感ある曲です





posted by Kadan at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2015年07月24日

喜劇 駅前温泉の今…


BSジャパンの「空から日本を見てみよう」を観てると、地方都市は県庁所在地でも駅前ですら駐車場だらけでスカスカになって寂れた感が否めませんが、かつて栄えた温泉街も美しい景観など独自の魅力を持たないところは、かなり残念なことになっています。

私が生まれる前、毎年誰もが実感できるほど豊かになる元気だった時代の映画、「喜劇 駅前シリーズ」。7.80年代まではテレビで結構再放送していて子供の頃よく観ていました。久しぶりにCSで、「喜劇 駅前温泉」をやっていたので観ましたが、ここ最近は、ロケ地の"今"を探す、新たな楽しみもあり、こういった古き日本が残る時代の映画を観るのが趣味の一つにもなっています。

この映画のロケは、福島の磐梯熱海(旧岩代熱海)、浄土平、奥十綱橋などで、まだ活気があり、そして風情があった古き良き温泉街が舞台です。オープニングの磐梯熱海は、温泉街お出迎えゲートの奥に木造の温泉街がありましたが、現在Googleストリートビューで見るとゲートは撤去され、木造の宿は消え、宿自体がほとんどない小さな集落になっています。残った宿も一番風情から遠いコンクリートの宿に変貌し、一見この映画のロケ地とは違う街のように感じてしまいます。浄土平レストハウスも立派だったものが、こじんまりしたものに建て替えられ、映画内でもっとも風情があった吊り橋の奥十綱橋は取り払われてしまいました…(50m離れたところにコンクリート製の自動車が通る同名橋はあります)。

古い映画を観てロケ地探しをすると、海外の映画は戦前の映画ですら今も面影が残っていたり、中には通りの建物がほとんど変わらない風景が残っていたりしますが、日本映画は寺社以外面影が残っている所はほとんどありません…。温泉街など観光地に古い日本の風情が残っているだけで魅力の一つになります。似て非なるもので、ひなびた温泉街は魅力的ですが、寂れた温泉街は気持ちも沈んでしまいます。中途半端な近代化より古きよきものを残し、ゆったり過ごせるひなびた温泉街を残してほしいものです。

●喜劇「駅前温泉」のロケ地を巡る (c)tobotobo2008





posted by Kadan at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介

2015年07月19日

CSI:The Who

科学捜査班系ドラマの元祖といっていい「CSI:科学捜査班」。影響されたドラマはたくさんあり、映画のような色味でより深くクオリティの高い、流行りの北欧系から、ビデオな色味でセット感丸出しの日本や韓国製まで、2000年代のドラマの主流を作ったといっても過言ではありません。

そのCSI:でシリーズ全てのテーマ曲として使われているのが「The Who」の曲です。Beatlesと同時代にデビューした60sUKロックの大御所バンドであるWhoの楽曲群は、”今”のドラマに見事に合致する、古さをまったく感じさせないクオリティの高い作品となっています。

●CSI:科学捜査班
Who Are You


5:15



●CSI:マイアミ
Won't Get Fooled Again


The Real Me




●CSI:ニューヨーク
Baba O'Riley


So Sad About Us









posted by Kadan at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介