2015年08月26日

難読サイケのポスター

psyche.jpg

私の大好きなサイケデリックロック。トリップ感ある音楽ももちろん魅力的ですが、アルバムやポスターのアートワークもサイケ独自のいかがわしさと美しさがあって大好きです。下記サイトでは、そんなサイケのいろんなポスターを紹介しています。

ポスターはサイケ独自の”あの文字”のオンパレードですが、文字というよりアートワークの一要素としての表現で、ぱっと見読めません・・。一時期らくがきで書きまくっていた時もありましたが、書いてみると結構ハマリます。

ビートルズをリアルタイムで、ピンクフロイドやツェッペリンを新しい音楽として体験し、若者が社会を変えられると信じられていた60年代後半、あこがれます・・。


●ハムスター速報より
サイケデリックなロックのポスターの画像
http://hamusoku.com/archives/8940628.html


一曲サイケの名曲を
●Traffic - Hole in my shoe







posted by Kadan at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年08月22日

相似系

若い人はわからないかもしれませんが、40以上の方なら間違いなく下の3つの曲は知っているでしょう。一番上の大元ともいっていい「ワシントン広場の夜はふけて」は、60代以上か、私のようなあらゆる音楽を聴きたがるものには有名なヒット曲です。80年代までは、ヒット曲=子供から老人まで知っている曲でした。90年代以降のヒットチャートは1位の曲ですらファン以外聴き覚えがなかったりして、こういった相似系曲探しが難しくなりました。

ひと通り聴き比べるとわかりますが、メロディーは違いますが、同じ物悲しさのあるマイナーの曲調で、哀愁たっぷりな似た雰囲気を醸し出しています。


●Washington Square - The Village Stompers


●サントリーオールドのテーマ曲「夜がくる」


●二人でお酒を - 梓みちよ


●もしも明日が…。 - わらべ




posted by Kadan at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2015年08月18日

鮮明な戦後映像


ベルギーのBoogie BelgiqueがPVとして公開したものですが、1945年後半から1952年の日本の姿を35mmフィルムで撮影したものを使用しています。これを見ると終戦から数年で驚くべき速さで復興していることがわかります。

主に東京のようですが、街・人の様子など白黒ですがかなり鮮明なうえ、カメラのブレがないため、クオリティの高い映像になっており資料としても貴重なものです。

●カラパイアより
終戦直後の日本の様子をGHQが撮影した保存状態の良いフィルム
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52198646.html



posted by Kadan at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報