2015年09月26日

切なさが胸にくる曲

センチメンタルな気分になるこの時期、あえて胸にグッとくる、ちょっと泣きそうになる名曲を紹介します。「小さな木の実」も必須ですが、以前紹介したので今回は省きます・・。


●光と風の四季
「小さな旅」のOPです。感傷的な主人公に見立て一人旅に出たくなります。



●モクセイの花
郷愁たっぷりの古き良きニッセイのおばちゃんのCMソングです。



●花一色〜野菊のささやき〜
映画「野菊の墓」の主題歌で松本隆の詞も原作のイメージ通りで切ないです。


●Jane B.
切ない叫びのようなジェーン・バーキンの声は胸に突き刺さります。




posted by Kadan at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2015年09月21日

時代は変わる

安保法案が通りました。一昔前なら怒りを持って反対の立場だったでしょう(それでも誰かの指図でシュプレヒコールする団体行動が嫌いなのでデモには参加しないでしょうが…)。でも今はニヒリストというか、どうでもいい気分になっています。

ちょっと前までは選挙にも行きましたが、政権交代しても既得権益を持った団体は必ず政権側に献金を始めますし、既得権益の大元官僚はどこが政権を取ろうが落選することはありません。結局どこが政権を取っても官僚が動かす日本は変わらないと思い始め急速に政治に興味を失いました。

ただ、今回の安保法案反対運動に多くの人が参加したことで、ちょっと刺激を受けました。私が学生の頃はバブルな時代で、政治の話をするだけで、重いとか真面目とか怖いとか”ひく”とかマイナスな反応しかなかったので、そういった意味ではそんなこと言ってられない時代になったのかもしれません。


●I Don't Wanna Be A Soldier - JOHN LENNON



posted by Kadan at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月17日

すごいフラワーパレード

4137f8fe.jpg

オランダ南部ズンデルトのフラワーパレードのクオリティがすごいです。没後125周年を記念して「ゴッホ」が今回のテーマのようで、巨大なゴッホの顔もすごい迫力です。

日本の祭りの山車にもすばらしいものがありますが、このオランダの山車のすごい所は、すべて花で作られていることです。以下のページにいくつも写真が紹介されていますが、目の前で実際見ると迫力も全然違うでしょう。

●らばQより
花で再現した巨大「ゴッホ」の再現度がすばらしい…オランダのフラワーパレードの写真いろいろ
http://labaq.com/archives/51856787.html

●World’s Largest Flower Parade In The Netherlands
http://acidcow.com/pics/74064-worlds-largest-flower-parade-in-the-netherlands-14-pics.html


posted by Kadan at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年09月13日

このギターの音色は

先日の松本隆作詞活動45周年記念「風街レジェンド2015」にもバックバンドで参加していた、日本を代表するスタジオミュージシャン松原正樹。

名前を知らなくてもこの人のギターの音色は、7.80年代歌謡やミューミュージックを聴いた方は間違いなく耳に残っているはずです。キャンディーズの「微笑がえし」、山口百恵の「美・サイレント」、松山千春の「長い夜」、寺尾聡の「ルビーの指輪」、そして松田聖子の「赤いスイートピー」「渚のバルコニー」「SWEET MEMORIES」など多くの楽曲群の印象的なギターは、松原正樹氏のギターが奏でています。

若干画質がよくないですが、とても貴重な映像がYouTubeにアップされていたので紹介します。





posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2015年09月09日

知っておきたいトランス脂肪酸


日本では一部の健康マニアなサイトでしか話題にならず、食品安全委員会の「大多数の日本国民のトランス脂肪酸摂取量は、WHOが推奨する総エネルギー比1%未満を下回っており、通常の食生活では健康への影響は小さい」という見解から、表示義務がなく、まったく規制されていない「トランス脂肪酸」。先進国のほとんどでは表示義務があるのですが、消費者より業界が大事な日本ならではの無規制状態です。

たしかに和食中心の家庭ではほとんど問題にならないでしょうが、若い世代などポテトチップスやフライドポテト、スナック菓子、加工食品、マーガリンを日常的に食べている人も結構いるので、表示義務は必要でしょう。

ジャーナリストの佐々木奎一氏の記事で、マーガリンを販売しているメーカーにトランス脂肪酸含有量を調査しています。7年前の調査時に比べ、多くのメーカーがトランス脂肪酸を減らしているのがわかりますが、いまだ明治やセブンプレミアムなど開示拒否しているところもあるので、マーガリンを買う際は、下記サイトを参考にしたほうがいいと思います。あと、一見トランス脂肪酸が少なそうな「べに花」が、実は多いというのも意外でした。

●ビジネスジャーナルより
危険なトランス脂肪酸、含有量ワースト5のマーガリン!雪印、イオン…セブンは開示拒否
http://biz-journal.jp/2015/07/post_10696.html




posted by Kadan at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年09月05日

伝説的オペレッタ時代劇「鴛鴦歌合戦」


戦前の伝説的オペレッタ時代劇「鴛鴦歌合戦」をBSで観ました。1939年制作なので、あと2.3年すると暗黒の時代になってしまう寸前の娯楽映画です。

オペレッタ時代劇となっていますが、まあミュージカルのようなもので、とにかくすぐ歌い出します。ジャズと民謡が融合した日本独自の歌はみな明るく、意味もなく楽しい気分になります。

ストーリーは単純で、貧乏長屋に住むお春とモテモテの浪人礼三郎は相思相愛ですが、礼三郎は大商人の娘おとみや武士の娘藤尾にも言い寄られています。そんな時、お春にひと目ぼれした、さるお殿様がお春を屋敷へ差し出すように言ってきます…。 

短期間で撮影し、クオリティという意味では名作とは言えませんが、まだおおらかな空気があった暗黒時代になる直前の貴重な娯楽時代劇となっています。



posted by Kadan at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介

2015年09月01日

白蓮カラー化

byakuren.jpg

「花子とアン」でもモデルになった、大正期の歌人「柳原白蓮」の白黒写真を着色してみました。もう少し鮮明でザラつきががなければもう少しリアルな感じになったのですが、古い写真なので仕方ありません…。

この写真は、+ELPH+ HPのパノラマ幻戯館-古写真のカラー化ページ「よみがえる江戸」の「付録」にも掲載します。
「付録」には幕末明治の風景写真以外の人物写真カラー化(今回が第一作目)や風景の今昔比較などを展示しています。


hr.gif



ホームページ+ELPH+ studioを更新し、古写真カラー化、毎月のロック等を追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg



posted by Kadan at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報
gotop.jpg