2015年10月26日

恋い焦がれそうな曲

十代の頃の淡い恋のような、この季節にぴったりの儚く美しい曲を紹介します。

現実はなかなか美しいだけとはいきませんが、こういった曲を聴くと純愛小説を読んだ時のように憧れを伴った感情が胸にきます。

●I've Never Been To Me - Charlene


●Yesterday Yes A Day - Jane Birkin


●Reality - Richard Sanderson


●Longing / Love - George Winston





posted by Kadan at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2015年10月21日

笑いと悲しみが同居する「馬鹿が戦車でやって来る」


相変わらず生まれる前の古い映画をよく観ています。今回紹介するのは山田洋次監督1964年作品「馬鹿が戦車でやって来る」です。作りはコミカルな喜劇ですが、村内での差別や権力を持ったものの横暴など社会派な映画でもあります。

釣り客に船頭がある昔話を語るという体裁で始まります。日永村というところに、乱暴者のサブと頭の弱い弟兵六、耳の遠い母親とみの三人が暮らしていました。村中から馬鹿にされていたサブに、唯一優しく接してくれる旧地主仁右衛門の娘紀子は、病弱で長い間病床にありましたが、全快祝いを行えるまでになり、サブにも祝ってくれるよう誘います。サブは喜んで一張羅を着て向かいますが、強欲な仁右衛門や村会議員の市之進などは、身分が違うと追い返してしまいます。怒ったサブは村中を暴れまわり警察送りになり、その弱みにつけこんだ村会議員市之進は、母親とみに金を貸しつけ農地解放で得たサブの土地を抵当としてまきあげます。警察から帰ってきたサブは隠していた戦車(タンク)で仁右衛門や市之進の家を踏み潰していきますが、その最中弟兵六が鳥になろうとして火の見櫓から落ちて死んでしまいます。サブは兵六の死体を戦車に乗せ海の中へと消えていきました‥。

この作品も古い映画を観る常として、消え去った日本の風景記録としても楽しめます。ロケ地は埼玉の鳩山町熊井というところで、Googleストリートビューで見ると、今もあまり変わらない田園地帯です。ただ映画の中ではまさに昔話のような山や森に包まれた茅葺きの集落ですが、今の風景に寂しさすら感じるのはなぜでしょう・・。昔は屋敷林があり木造茅葺きの家並みが統一していて、土の道の脇に草が生え、全てが自然で構成されていたからかもしれません。家々がプレハブ住宅やトタン家など統一感がなくなり、道がアスファルト化され自然と調和しなくなったため殺風景に感じるのでしょう。この作品は1964年なのであと5年もすると茅葺きが消え始め、10年後には何百年続いた日本の原風景は消えてしまいます・・。





posted by Kadan at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介

2015年10月16日

ZombiesとHollies

60sのクラシックロックは音楽の宝庫です。ビートルズやフーを聴けば今のロックの全てが内包されていますが、ゾンビーズとホリーズも忘れてはいけません。

どちらも日本ではあまり知名度は高くなく、ゾンビーズは「アイ・ラブ・ユー」、ホリーズは「バス・ストップ」が知られている程度ですが、聴かなきゃ損するほどの名曲がたくさんあります。

かっこいいゾンビーズ、極上ポップスなホリーズの名曲をいくつか紹介します。

+ Zombies(ゾンビーズ)+
●She's Not There


●Indication


●Care of Cell 44



+ Hollies(ホリーズ)+
●I'm Alive


●Carrie Ann


●Have You Ever Loved Somebody


posted by Kadan at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2015年10月12日

大さん橋にいづも

大さん橋に自衛隊最大の艦艇-護衛艦「いづも」がいました。特にミリタリー好きでも右寄りでもないのですが、いざ目の前にあるとなかなか迫力があって、客船とは一味違う、ガントリークレーンや石油工場の魅力にも似た無骨さがあり、何枚も写真を撮ってしまいました。

調べてみると自衛隊主催の広報行事「FLEET WEEK」というのがあり、私が訪れた翌日から艦艇一般公開や夜のライトアップが行われるらしくちょっと残念でしたが、こういった行事は結構混雑するので、前日でよかったように思います。

izumo1.jpg

izumo2.jpg

izumo3.jpg

izumo4.jpg







posted by Kadan at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2015年10月06日

天空庭園

商業施設にはよく屋上庭園などありますが、池尻大橋の近くにある「目黒天空庭園」はそういった公園とは一味違う天空庭園です。

この目黒天空庭園はループ状の大橋ジャンクション屋上にあり、庭園自体立体的で円を描くように作られています。246や池尻大橋駅近くですが、場所柄平日はそれほど混雑していないので、ベンチでぼーっとするのもいいですし、田園都市線沿線に住んでいるのであれば、渋谷からのんびり散歩がてら歩いて、ちょっと寄ってみるのもいいかもしれません。

tenku1.jpg

tenku2.jpg

tenku3.jpg




posted by Kadan at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2015年10月01日

Mac使って20年


OSは7.5からなので2:00位から体験しています

Macを使い始めてちょうど20年が経ちました。イラストやデザインの新たな表現手法として、やっと普通の人にもMacが手に入れられる価格(ちょっと前まではMacは100万以上してました)になったことと、Windows95が出てコンピューターが一般化しだした時期でした。

当時デザイン系の人はほぼ間違いなくMac(今もそうですが)でしたし、WindowsのCドライブとかDドライブとかそんな程度でも?で、挿入したCDがデスクトップにアイコンとして出ないだけで、どこにあるんだ、と混乱してしまう、”コンピューターには向いていない”私には、直感的に使えるMac以外は無理だったとも言えます。

そんなMacでもインターネットは草創期、今のように簡単にネットに繋ぐことはできず、ネット接続は至難の業でした。Mac雑誌の付録についているネット関連のフリーウェアを入れ、説明のまま「Config PPP」だの「Free PPP」だの未だ何をするものかわからないソフトを説明通りに設定してもなかなか繋がらず、繋がっても従量制なので1日2時間位と決めダイアルアップ接続していました。モデムも別途買い、今では信じられないですがブラウザすら有料で、2000円のNetscapeをパッケージで買った記憶すらあります。

それから20年Mac生活が続いています。相変わらずヘビーユーザーにはなれずブラインドタッチも未だできませんが、AirMacで、iMacにMacBook Pro、iPhone、さらにコンポもAirPlayにしてWi-Fi環境となり、ネットの快適さは当時とは雲泥の差です。

ネットについてはHPとブログはやってますが、SNS系は便利より面倒に感じてしまいますし、ネットで積極的に発言する人たちは”右寄り”なのでトゲトゲしていて、2ちゃんねるなどネットニュースに載ったものを読む程度で、書き込みなど怖くてできません・・。また、思想に限らず情報の偏りも大きく、Wikiでは黒澤や小津映画の名優や文学史に残る作家が数行しか書かれていないのに、声優やゲーム作家が信じられないほど長く克明に書かれていたりするのでワンクッション置いた視点で見るようにしています。

まあそれでもMacは手放せない道具ですし、ネットも膨大な情報の宝でもあります。これからも深入りせず、微妙な距離を保ちながら、情報の取捨選択をして便利に使っていきたいと思います。

今日、10月1日にOS X El Capitanが出るようです。アプリの対応もあるのですぐにはアップデートしませんが、Mac使いとしてはちょっと楽しみです・・。


●OS X El Capitan
http://www.apple.com/jp/osx/elcapitan-preview/



hr.gif



ホームページ+ELPH+ studioを更新し、素材、毎月のロック等を追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg




posted by Kadan at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
gotop.jpg