2016年01月26日

百萬弗の人魚

1940年代から1950年代に一世を風靡した、競泳選手から水中レビュー映画の女優になったエスター・ウィリアムズの作品は、企画からステージセットまで今の常識からしたら信じられないほど壮大です。今ならCG合成で何でも作れますが、ここで紹介する1952年製作の「百萬弗の人魚」などは当然全て手作りで、無茶とも思える巨大なセットや特殊効果、構成は、異次元のような新鮮さと衝撃を味わえます。

こんな壮大な水中レヴューを観ると、競技用プールで行われるシンクロが何かチマチマしたものに見えてしまいます。圧巻としか言いようのない作品の一部をご覧ください。


●百萬弗の人魚 Million Dollar Mermaid (1952)





posted by Kadan at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介

2016年01月20日

ボウイに続いて


Live 1977

ボウイに続いて60代のグレン・フライの訃報です(モット・ザ・フープルのデイル・グリフィンも)・・。イーグルスはそれほど聴き込んではいないのですが、「New Kid In Town」を聴くたびにオーストラリア旅行での郊外を走る路面バスの光景がなぜか浮かんできます(カリフォルニアには行ったことがありません…)。

再結成時には東京ドームに行きました。名曲「Hotel California」はアレンジそのままの演奏でしたが、全盛期の映像に見る活気というかエネルギーはもうそこにはなく、観客が往年の名曲を懐かしく見守る感じで、感激はしましたが感動は起こらなかった記憶があります。逆にいつになってもオリジナルアルバムを聴くとその当時の活気やエネルギーが音から伝わってきます。

●Take it easy


●New Kid In Town


●The Heat Is On





posted by Kadan at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年01月16日

リブとふうてん

wakamonobook.jpg
(c) 福島菊次郎/三一書房

私が生まれた60年代末は、江戸の文化文政期の次に魅かれる時代です。昭和元禄とも言われ、様々な文化が花開き、70年代に入り爛熟し退廃していきました。そんな時代を切り取った写真集が、昨年94歳亡くなった福島菊次郎さんの「戦後の若者たち Part2 リブとふうてん」です。

サイケやヒッピーがたむろし、新宿風月堂(お菓子のではなく喫茶店)には文化人やアーティストが集い、自由を謳歌していました。この写真集を見ると、その時代のエネルギーのすごさに憧れ、そしてここに写っている人はその後どんな40年を過ごし、現在どうなっているのか、そんなことを知りたくなります。

原爆被災者の記録など代表作はまだ購入できるようですが、残念ながらこの「戦後の若者たち Part2 リブとふうてん」は、Amazonにはないようです。ただ図書館には結構置いてあるようで興味ある方は借りてみてください。

wakamono1.jpg
(c) 福島菊次郎/三一書房

wakamono2.jpg
(c) 福島菊次郎/三一書房

wakamono3.jpg
(c) 福島菊次郎/三一書房




posted by Kadan at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本紹介

2016年01月12日

突然の悲報

突然でした。これから60s70sのビッグアーティストの別れが加速していくのかと思うと悲しいです・・。

●Space Oddity


●Modern Love





posted by Kadan at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年01月09日

冬が似合うサイモン&ガーファンクル

しっとりとしつつ透明な澄んだ空気感もある、サイモン&ガーファンクルの楽曲は冬が似合います。

アコースティックな曲は、時に寂しく憂鬱な気持ちにしてしまうこともありますが、サイモン&ガーファンクルの曲は、聞いてると心がちょっと豊かになるような気がします。

有名どころばかりですが、冬の風景を眺めながら、カフェなんかで聴くとぴったりな”聴かせる曲”を幾つか紹介します。

●America


●Homeward Bound


●Bridge Over Troubled Water


●A Hazy Shade of Winter





posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年01月04日

乱歩消滅

taishojunikai.jpg

2016年になったことで没後50年が過ぎ、江戸川乱歩の著作権が消滅しました。これによりパブリック・ドメインの文学作品を公開している「青空文庫」に乱歩作品が大量に追加され、無料で読むことができるようになります。1月3日現在まだデビュー作「二銭銅貨」のみですが、これから作業中の作品がどんどん公開される予定です。

私は春陽堂の文庫をかなり持っているのですが、それでも全てというわけではないので、これで未読作品を気軽に読むことができるようになります。乱歩未経験の方はこれを機会に、「押絵と旅する男」「屋根裏の散歩者」「パノラマ島奇談」「人間椅子」等乱歩の世界に魅入られてください。

また谷崎潤一郎も著作権が切れ、怪奇から絢爛まで日本文学の極みを味わえます。「痴人の愛」「刺青」「鍵」など大人の耽美世界は必読です。

なおTPPで著作権保護期間が没後50年から70年に延長される可能性があり、今後没後50年を迎える山本周五郎や三島由紀夫はさらに20年待たなければならなそうです(買って損をしない作品が多々あるのでそうまでして待つ必要はないですが・・)。

●青空文庫
http://www.aozora.gr.jp



hr.gif



4日になってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ホームページ(PC向け)+ELPH+ studioを更新し、素材、毎月のロック等を追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg




posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本紹介
gotop.jpg