2016年03月25日

5分でビートルズ71曲



歴代ビートルズソング71曲をシンクロさせながらのドラム演奏がすごいです。たった5分にまとめているため、曲によっては2秒しかなかったりしますが、うまくコンパクトに収まっているため気軽に見ることができます。

オーストラリアのKye Smithさんによる作品ですが、映像も本人ということで、そちらの才能もあるようでビックリです。ビートルズは、捨曲がほとんどない稀有なバンドなので、今回の71曲以外でもまたアップしてほしいです。


参照記事
●KOTAKUより
http://www.kotaku.jp/2015/11/5-minute-beatles-drum-chronology.html



posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年03月20日

今観ると新鮮な全盛期のドラマ

BSやCSではテレビ全盛期の60s70sのドラマをたくさんやっていて今にない魅力があります。ユニオンドラマ、久世ドラマ、大映ドラマ、東芝日曜劇場、どれも独自の個性を持っていました。

BS12で2月まで再放送されていた、TBSの東芝日曜劇場「女と味噌汁」もそんな今のドラマにない温かみのある個性的なドラマでした。平岩弓枝が「別冊小説新潮」に掲載した作品のドラマ化で、1965年から1980年まで年2〜3本放映されていました。新宿弁天下界隈で芸者をしながらライトバンで味噌汁とおにぎりの店を出す主人公てまり(池内淳子)と妹分の小桃(長山藍子)を中心に、そこで出会う人々のふれ合いや恋模様を描く一話完結型のドラマです。全く知らないドラマでしたが、名短編を読んだ時のような心が豊かになるドラマでした。

もう一つ、チャンネルNECOで今も再放送されている、日本テレビ制作の、石坂洋次郎原作の「ある日わたしは」も初めて知った私が生まれた頃の作品ですが、毎回放送が楽しみなドラマです。山代温泉から上京した大学生・城山ゆり子(松原智恵子)を主人公に、下宿先の隣に住む山崎家の兄信一(早川保)や問題児の次男次郎(和田浩治)との恋を描きながら人間として成長する姿を描く青春ドラマです。初再放送というレアな作品で、主人公の松原智恵子さんは、当時の少女漫画の主人公のような美しさです。

こういった古い60s70sのドラマの常ですが、ドラマの中で若者だった人たちが現在老境に向かっています。「女と味噌汁」の中で、若い小桃役の長山藍子さんが、ベテラン芸者に”私たちは若いからいいけど、お年寄りは大変ね〜”と軽口を叩いているシーンがあって、その後に別の2時間ドラマで70代の長山藍子が出演しているのを見ると、諸行無常感がハンパありません・・。

無料放送のBS12では上記の「女と味噌汁」の後、名作「ありがとう」や「泣いてたまるか」など、両親に観せてあげたいような名作ドラマをやっています。無料BSは相変わらず韓流や通販がメインですが、時々こういった歴史的に貴重な日本の名作ドラマを放送するので、チェックを忘れないようにしています。

●女と味噌汁(ドラマ映像がありませんでした・・)



●ある日わたしは(お正月特番)



●BS12 トゥエルビ
http://www.twellv.co.jp/







posted by Kadan at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ

2016年03月15日

今聴きたいELP

プログレ四天王(キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエス、ELP)の中でギターの印象が少ないことから、あまり深く聴いてこなかったELPですが、あのモーグ・シンセサイザーの音が時々妙に聴きたくなります。

キース・エマーソンの残念な死は、右手に神経の障害が出ていたという記事もあり、職人肌のキースには辛かったのかもしれません・・。ここでは、私が時々無性に聴きたくなるELPの名曲を紹介します。

●Hoedown



●Karn Evil 9: 1st Impression-Part 2



●Fanfare for the Common Man





posted by Kadan at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介