2016年05月27日

民謡洋楽

60s70s好きですが、最近またリアルタイムで聴いていた80s洋楽をよく聴いています。ニューロマンティックものやニューウェイヴものだけでなく、当時は嫌いだったAOR系も大人になった今聴くと結構気に入ってたりします。

そんな80s洋楽の中、当時の流行りの音を使いながら、妙に民謡チックな楽曲があります。ここではそんな民謡的旋律を持った楽しい曲をいくつか紹介します。

●Come On Eileen - Dexy's Midnight Runner


●The Safety Dance - Men Without Hats


●All We Ever Look For - Kate Bush




posted by Kadan at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年05月23日

カラーIQテスト

colortest.jpg

このカラーIQテスト、直感で答えてください、とありますが悩みます。美大受験時代も色彩構成が苦手で、最後まで自信はありませんでしたが、結果はなんとか4%の側に入れました・・。色の補色とか知っている人と知らない人で大きく変わります。美術やデザインの勉強をした人は、4%に入れる可能性が高いです。

●クイズメディア CURE-キューブ-より
96%の人がこのカラーIQテストをパスできません
http://cupe.site/archives/12




posted by Kadan at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2016年05月19日

美しき村

giethoorn.jpg

一度は訪れたい世界の美しき村を紹介しています。観光地化している所が多いですが、ちゃんと生活と密着している本当の美しき村が多い印象です。特にヨーロッパは観光地化していない村でも電線は目立たないし、ハリボテのごまかしはないし、何よりもその周辺も含めた環境が美しく、古くなったら建て替える、ではなく修繕して集落の顔を変えない、という思想が行き届いています。

日本にも妻籠や馬籠、白川郷など美しい集落がありますが、観光地化されすぎたところも多く、「なんだか生活感がないな〜」と落胆しまうことがよくあります。美しい集落のすぐ先にプレハブ住宅が建っていたり、鉄塔が山を貫いたり、蜘蛛の巣のような電線が目立ったり、俯瞰でも美しい日本の村風景は列島改造時に消えてしまいました。

●らばQより
一度は訪れたい世界各地の美しい18の村
http://labaq.com/archives/51868719.html



posted by Kadan at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2016年05月13日

夢見る名曲

日本の音楽史上最も優れたドリーミーポップの双璧、「夢で逢えたら」と「ドゥ・ユー・リメンバー・ミー?」。「夢で逢えたら」は、はっぴいえんど、ナイアガラの大滝詠一作、「ドゥ・ユー・リメンバー・ミー?」はフォークル、サディスティック・ミカ・バンドの加藤和彦作、とこれまた日本を代表するコンポーザーの作品でもあります。

どちらも夢見がちな、聴くだけでちょっと幸せになるノスタルジックなラブソングです。「夢で逢えたら」は、シリア・ポールと吉田美奈子がいろいろあって両オリジナルですが、吉田美奈子バージョンがやはり素晴らしく、「ドゥ・ユー・リメンバー・ミー?」は70年代トップアイドルだった岡崎友紀が80年にYUKI名義でアーティストとして全く別の世界を表現しています。どちらの曲もその後たくさんのカバーがありますが、オリジナルを超えるものはありません。


●夢で逢えたら - 吉田美奈子


●ドゥ・ユー・リメンバー・ミー? - YUKI



posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年05月09日

碑文谷ダイエーの終焉

daiei.jpg

碑文谷ダイエーが5月5日に営業を終了しました。私が田園調布本町(田園調布ではなく東急多摩川線沼部-桜坂の横)に住んでいた頃よく行っていたので感慨深いです・・。20年前当時はまだダイエーが元気で、世田谷、目黒周辺では一番大きく活気があったように憶えています。食品コーナーも握り寿司単品売りを始めたり、惣菜や商品も他のスーパーより品揃えもあり、別格感さえありました。家電コーナーでは細野晴臣に遭遇したのも憶えています。多様化といいながらユニーもニチイも消え、イオンとヨーカドーだらけになってしまいました。

半年後にはイオンに衣替えして店舗は存続するようですが、美味しくないトップバリュ商品がさらに増え、個性のない店舗になってしまいそうです・・。ドムドムバーガーくらいは再出店して碑文谷ダイエーの名残をとどめてほしいものです。


●店舗移管についてのお知らせ
http://shop.daiei.co.jp/blog/blog_sp/0d95d7d0f797e6c4dc8fc275ea8620fe.do




posted by Kadan at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月05日

「2CELLOS」のクラシックとロックの融合

マイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」チェロバージョンで話題になりドコモのツートップのCMにも出演した、クロアチア出身のチェリスト2人組「2CELLOS」。

今回は、ベートーベンの「運命」とレッド・ツェッペリンの「Whole Lotta Love(胸いっぱいの愛を)」を融合させました。チェロだけで「Whole Lotta Love」の間奏の幻想的なサイケな部分も完璧で、思わずニンマリしてしまいます。またポール・マッカートニー&ウイングスの「Live And Let Die」も見事で、バラード部など美しいクラシックの名曲のようです。

●Whole Lotta Love vs. Beethoven 5th Symphony


●Live And Let Die


+ オリジナル +
●Whole Lotta Love - Led Zeppelin


●Live And Let Die - Paul McCartney & WINGS




posted by Kadan at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年05月01日

モガスタイル筑波雪子のカラー化

tsukubayukiko.jpg

サイレント映画時代のスター筑波雪子さんのモガスタイルと言うかアールデコ時代のお洒落な写真をカラー化しました。古い写真なので細部のノイズが多いのでちょっとリアリティに欠けますが、色が着いたことで少し身近に感じられるように思います。

ホームページ+ELPH+ studio(スマホ未対応)の「パノラマ幻戯館」- (よみがえる江戸)-の「付録」 にも掲載します。
「付録」には幕末明治の風景写真以外の人物写真カラー化(今回が第4作目)や風景の今昔比較などを展示しています。



hr.gif



ホームページ+ELPH+ studio(スマホ未対応)を更新し、古写真カラー化、銘菓情報、毎月のロックを追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg




posted by Kadan at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報
gotop.jpg