2016年10月29日

MVNOしてみて

以前MVNO検討中を書きましたが、9月にauからMVNOに変えました。評価の高い、IIJmioかmineoで悩みましたが、3ヶ月割引があるmineoに決め、1ヶ月経ちました。感想を言えば、変えて良かったとしかいえません。

気になっていたYahooカーナビのデータ量も、先日借りた車で帰省(横浜本牧から群馬新田までの100km超)した際も片道50MB程度だったので、思ったほどデータ量がかかりませんでした。普段サイズの大きいアプリのアップデートなどは家のAirMacでのWi-Fiですし、膨大なデータ量がかかるゲームもしておらず、他に外出中データ量が気になるものはありません。mineo1GBプランは、前月余ったデータ量を翌月繰越しになるので、自宅にWi-Fi環境があれば、最もライトな1GBプランで全く問題なしです。

ドコモ、ソフトバンクなどキャリアの1GBや2GBのミニプラン、Sパック、は、月々割対象外だったり、ライトプランと組み合わせられなかったり、翌月繰越しできなかったり、明らかに総務省対策の形ばかりのプランで、企業間競争が全くなく怒りすら感じます。私のようなライトユーザーは、間違いなくMVNOへの変更をお勧めします。

●mineo
http://mineo.jp/

久しぶりの帰省。iPhoneから流れるこの曲は田舎を美化します(現実の田舎は森は切られ、個人商店は閉店し工業団地とファミレスだらけです・・)。




posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月25日

消えた東京



ここで紹介する、旅行ドキュメンタリー映画監督(ナレーターも)ジェームス・A・フィッツパトリックの作品「MODERN TOKYO(=近代的な東京)」は素晴らしいです。80年前のカラー映像とは思えないほど鮮明で、日本の戦前の繁栄した光景を見ることができます。

これらの映像を見ると、何か今より魅力ある街に感じます。空が広く、通りを馬車が走り、ビジネス街は気品がありヨーロッパのようですし、歓楽街は江戸の風情が色濃く残っていて、戦前の日本は独自の和洋折衷な世界が広がっていました。

残念ながら、その後政治は急速に軍国主義に向かい、街の活気は消え、戦争で多くの街が焼かれてしまいます。そして戦後は調和を無視した好き勝手な殺風景な街として復興します・・。


●カラーで見る昭和10年頃の東京
http://news.livedoor.com/article/detail/12158062/




posted by Kadan at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介

2016年10月20日

詩人ボブ・ディラン

ずいぶん前から取るのでは、と言われていたボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞しました。ディランやルー・リード、ジョン・レノン、ロジャー・ウォーターズなど、曲の”詞”が”詩”としても成り立つほどで、詞が若者の恋と挫折ばかりの邦楽ロックやポップスを洋楽ファンが見下してしまう理由もよくわかります(アメリカのシングルチャートに入るようなエンターテイメントな曲は、日本のそれと変わりありませんが・・)。

ただ、暗喩・比喩表現や抽象的表現、ナンセンスな言葉遊びは、日本語訳では本来の深い意味を読み取れないなど、英語圏の人以外には敷居が高すぎます。それでも日本語訳を読むだけで、邦楽の詞とは別世界の深さがあります。洋楽特にロックを聴く際は、ぜひ付録の訳詞(日本盤CDにしかない?)も読んで、本来の歌の世界を満喫してください。

「I Want You」の日本語訳をちょっと紹介します。ディランの中でもポップで単純なラブソングのようですが、内容は詩の一遍のようです。


 罪ある葬儀屋が嘆く
 寂しいオルガン弾きが泣く
 銀のサクソフォンが
 君の事を諦めろという
 割れたベルと色のあせたホルンは
 軽蔑を私に吹き付ける
 でもそうじゃない
 君を失うために生まれてきたんじゃない
 君が欲しい 君がすごく欲しい 君が欲しい

●Subterranean Homesick Blues


●I Want You



●Like A Rolling Stone




posted by Kadan at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年10月14日

曲から浮かぶシーン

ある曲を聴くといつも同じ情景が浮かんできます。直接結びつくものもありますが、特に関連がないことも多く、脳内でその曲に合うと勝手に結びつけてるのでしょう。

イーグルスの「New Kid in Town」を聴くとオーストラリア旅行での自然公園からの帰り、路線バスの車窓から乾燥した田舎町が流れていく光景が浮かびますし、姫神の「春風祭」が流れると、子どもの頃、父と赤城山にドライブに行った時の霧がかかった深山の下り坂の情景が浮かびます。井上陽水の「いつのまにか少女は」を聞くと、学生時代同じ町に住んでいた子と深夜の小学校の校庭(当時はまだ校門は開放していました)を散歩した情景が、R.E.Mの「The One I Love」を聴くと、夜の第一京浜の品川駅から八ツ山橋を抜けていく風景が浮かんできます(これはそこを走ってる時車内で流れていたかもしれません)。

浮かぶと郷愁で心が動くものから、なぜいつもこの風景なのかさっぱりわからず、曲の世界観が狭まって、マイナスなものまでいろいろあり、ちょっと複雑ですが、おそらく誰もが体験していることでしょう。


●New Kid in Town - Eagles



●水光る - 姫神



●いつのまにか少女は - 井上陽水



●The One I Love - R.E.M




posted by Kadan at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年10月10日

映画は全てが架空になる


以前「ロケのない世界」でも紹介しましたが、最新技術により実際にその場所で演じなくても合成とは思えない映像が作れるようになっています。ブルーバック(グリーンバック)合成は、一昔前の合成だとすぐわかるレベル(日本のテレビ番組では今も)でしたが、お金をかけた欧米の映画やドラマでは、全く合成とわからない映像になっています。

そして今回の「ブラックバード」は、そういった映像の中で希望通りデザインを変えることができる”車”です。ホイールベースの長さを調節できるベースの車輪があり、それにエクステリアを合成することで、小型車から巨大なリムジンまで何にでも変えることができます。

ロケ地や登場する車などを情報発信するサイトがあり、昔の映画などのロケ地調べが結構好きなのですが、ロケ地も合成、運転する車まで合成で、キャストはスタジオ内のブルーバックで演技、となると、もうロケ地といっても撮影隊が行っただけで、登場人物は何も関わっておらず、何か味気ない感じがします(そういう意味では今流行りのアニメのロケ地も同じことですが・・)。

●WIREDより
どんなクルマにも化ける魔法のマシン、その名は「ブラックバード」
http://wired.jp/2016/09/19/magic-machine-tricks/

●Gigazineより
めちゃくちゃリアルなCG自動車が1台から作れるベース「The Mill BLACKBIRD」
http://gigazine.net/news/20160627-the-mill-blackbird/




posted by Kadan at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介

2016年10月05日

夢見る80s洋楽-女性ボーカル編

洋楽全盛時代の80年代は、私の10代と重なります。といっても、ビートルズを知り、高校になるとピンクフロイド-60s70sロック(そして70年代歌謡・フォークにも触手を広げます)にいってしまうことで、それほど詳しくありません・・。それでも、今の日本のヒット曲以上にみんなの耳(心)に入ってきた80s洋楽なので、思い入れのある曲もあり、今も聴き続けている曲もたくさんあります。

そんな80s洋楽の楽曲から、女性ボーカルのキラキラした輝くような名曲をいくつか紹介します。どれも60sの影響を受けたメロディアスで、どこか郷愁をそそる魅力的な曲ばかりです。


●They Don't Know - Tracey Ullman


●All Through the Night - Cyndi Lauper


●If She Knew What She Wants - The Bangles





posted by Kadan at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年10月01日

イーハトーブの宮沢賢治カラー化

kenji.jpg

孤高の童話作家、イーハトーブの宮沢賢治写真をカラー化しました。色数の少ない写真なので、色が着いてもあまり印象は変わりませんが、若干身近に感じられるような気がします。

ホームページ+ELPH+ studio(スマホ未対応)の「パノラマ幻戯館」- (よみがえる江戸)-の「付録」 にも掲載します。
「付録」には幕末明治の風景写真以外の人物写真カラー化や風景の今昔比較などを展示しています。



hr.gif



ホームページ+ELPH+ studio(スマホ未対応)を更新し、古写真カラー化、銘菓情報、毎月のロックを追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg





posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報
gotop.jpg