2016年11月27日

6.70年代イラストのすごい世界観

憧れの6.70年代。戦後文化が花開いた時代です。特に爛熟した60年代後半から70年代中盤までの自由でぶっ飛んだ時代の作品は、いまだ輝き続けています。

ここで紹介するイラストは、そんな時代の世界観が濃厚に表現されています。どれも誰かの真似でないオリジナルなアート寄りな表現で、その時代を知らなくても、何かたまらない気分にさせる魅力を持っています。


●伊坂芳太良
60sのサイケと寓話的世界が融合したようななんともいえない魅力があり、憧れの世界です。早逝されたのが残念です。
isaka.jpg
(c)伊坂芳太良



●渡部明美
日本のポップな60sのイメージを代表するイラストレーターです。60年代後半の「週刊セブンティーン」カバーイラストで有名です。
watabe.jpg
(c)渡部明美



●灘本唯人
陰のある独自の女性イラストが、いかにもその時代を反映していて、アンニュイという言葉がとても似合います。
nadamoto.jpg
(c)灘本唯人



●杉本一文
角川文庫の横溝作品での独自のイラストが有名です。70年代的な暗さで子どもの頃この表紙がすごく怖かった記憶があります。
sugimoto.jpg
(c)杉本一文






posted by Kadan at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2016年11月21日

洋楽似の演歌

演歌を、「日本人の心」とか「日本の伝統文化」などと言ってる人もいますが、演歌は大して歴史もない(ピークが80年代)、いわゆる歌謡曲の1ジャンルでしかありません(まあ大元に民謡的唱法があるのでそこが伝統といえば伝統なのかもしれませんが・・)。5.60年代は民謡とジャズ、アメリカンポップス、70年代は洋楽ロックやフォーク、ニューミュージック、80年代は歌謡ロック、Jpopを取り入れて、アレンジだけを見ると結構その時代の流行りの音を知ることができる、まさに流行歌です。

ここでは、方向性の全く違う洋楽の影響をモロに受けた、70年代演歌を紹介したいところですが、相変わらずオリジナル音源を聴かせてくれない日本の権利関係から、洋楽側の元曲をいくつか紹介します。演歌側のパクリ感が半端ないので、わかる人には、この曲はメロディ、この曲はアレンジがそっくりだ、とすぐわかると思います。


「心のこり」元メロ
●The Diary - Neil Sedaka


「待ってる女」のアレンジ元
●Indian Reservation - Paul Revere & the Raiders


「雨の慕情」の元メロ
●Sunrise Sunset - Fiddler on the Roof Soundtrack




posted by Kadan at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2016年11月16日

「見世物大博覧会」の魅惑

misemono.jpg

観たいです。江戸、そして明治・大正・昭和の見世物、絵看板、錦絵、細工物、生人形など惹かれるものばかり。松本喜三郎の生人形が観られるだけで価値があります(この人の生人形は信じられないほどリアルです)。

残念ながら大阪吹田市の国立民族学博物館での開催で、ちょっと遠くて行けません・・。ただ、展示内容が変更してしまうようですが、千葉の佐倉市にある国立歴史民俗博物館に巡回して来年開催されるようなので、時間を作っていきたいと思っています。

●国立民族学博物館 「見世物大博覧会」開催中-11月29日まで
大阪府吹田市千里万博公園10-1
http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20160908misemono/index

●ゆる江戸
こちらの記事では「見世物大博覧会」の写真が見られます。
http://mglory55.blog.fc2.com/blog-entry-28.html




posted by Kadan at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報