2017年02月01日

これでいいのかデザイン

dame.jpg


工業製品やCI、ロゴマークなど、デザインがとても重要ですが、お金を存分にかけられる大企業のものでも、”これでいいのか”といったものが結構あります。デザインセンスは人それぞれでしょうが、それでも誰が見てもカッコ良くない、なんでそれで良しとしたのか理解に苦しむデザインをいくつか挙げてみます。

●トヨタプリウス
斬新だけど”かっこ悪い”車を作らせたら世界一のトヨタ。新しいプリウスは、もうハリボテ以外の何物でもありません。それでも強大な販売力と省エネイメージでヒット商品にしてしまうのがトヨタのすごいところです。


●ヤマザキビスケット
セブン&アイグループの安っぽいロゴもひどいですが、今は何と言ってもヤマザキビスケットでしょう。ナビスコからライセンスが切れ、ヤマザキビスケットになったのですが、普通のフォントを使った地方の工務店が30分で作ったロゴのようです。おそらく緊急的なもので数年後には変えるはず?です。


●温泉マーク
今の歴史あるシンボリックなマークに対して、経産省の新マークは、ロゴマークではなく説明絵です。わかりやすさで頭がいっぱいになったデザインをわかっていないお偉いさんの姿が浮かんできます。当然反対が多く変更中止になりそうです。


●都電荒川線と東急世田谷線
どちらも路面電車的な路線なので趣がある車両が似合います。荒川線はすべて9000形にしてほしいですし、一昔前の車のような直線だけでできた温かみのない世田谷線も次期車両では絵になる車両にしてほしいものです。




hr.gif


linniedp1366s.jpg


ホームページ+ELPH+ studio Kanda Kadanを更新し、デスクトップピクチャー、毎月のロック等を追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg







posted by Kadan at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報