2017年02月06日

旧暦初詣

人混みで行く気も失せる正月の初詣と違い、旧暦の正月はのんびりしているので、本来の旧暦正月に初詣に行っています。ほんの150年前まで、1000年以上日本の暦は陰暦だったので、当然いろんな歳時・行事は本来の旧暦が合っています(七夕など新暦では梅雨の真っ只中になってしまいます…)。

最近は、春節で中国などの国の人がたくさん来るようになってメジャーどころは居心地悪くなってしまい、のんびり巡れなくなりました。かといって地元の檀家向け寺やアスファルトが敷き詰められた葬式寺では趣がないので、どこに行こうか毎年悩みます。今年は、深大寺や高幡不動あたりも考えましたが、結局近場の鎌倉に行くことにしました。

鶴岡八幡宮や建長寺は混んでそうです。今まで一度も行ってなく、見応えあるお寺にしようといろいろ調べ、扇ヶ谷の奥にある「海蔵寺」に向かいました。薬師堂には薬師三尊像と十二神将像があり、本堂の左手の崖には横穴墓の”やぐら”が4つ、境内から谷戸の奥「十六の井」に向かう途中にある、切通しもいい感じです。ここは四季の花が見られるので、春に来ればもっと楽しめる寺院でしょう。駐車場も無料で、頑張れば北鎌倉方面や、源氏山を抜け銭洗弁天方面にも行けるのでおすすめです。今回は、「寿福寺」参道を抜け、やはり”やぐら”形式の源実朝・北条政子墓を見て、段葛と小町通り散策だけでしたが、なかなかいい旧暦初詣でした。

kamakura1.jpg
海蔵寺


kamakura2.jpg
海蔵寺薬師堂の薬師三尊像


kamakura3.jpg
海蔵寺本堂横のやぐら


kamakura4.jpg
十六の井手前の切通し


kamakura5.jpg
寿福寺参道


kamakura6.jpg
源実朝・北条政子墓





posted by Kadan at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光