2016年11月27日

6.70年代イラストのすごい世界観

憧れの6.70年代。戦後文化が花開いた時代です。特に爛熟した60年代後半から70年代中盤までの自由でぶっ飛んだ時代の作品は、いまだ輝き続けています。

ここで紹介するイラストは、そんな時代の世界観が濃厚に表現されています。どれも誰かの真似でないオリジナルなアート寄りな表現で、その時代を知らなくても、何かたまらない気分にさせる魅力を持っています。


●伊坂芳太良
60sのサイケと寓話的世界が融合したようななんともいえない魅力があり、憧れの世界です。早逝されたのが残念です。
isaka.jpg
(c)伊坂芳太良



●渡部明美
日本のポップな60sのイメージを代表するイラストレーターです。60年代後半の「週刊セブンティーン」カバーイラストで有名です。
watabe.jpg
(c)渡部明美



●灘本唯人
陰のある独自の女性イラストが、いかにもその時代を反映していて、アンニュイという言葉がとても似合います。
nadamoto.jpg
(c)灘本唯人



●杉本一文
角川文庫の横溝作品での独自のイラストが有名です。70年代的な暗さで子どもの頃この表紙がすごく怖かった記憶があります。
sugimoto.jpg
(c)杉本一文






posted by Kadan at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177824115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
gotop.jpg