2017年03月05日

別れ、卒業の歌謡曲

3月は、卒業、上京、転勤など別れ・旅立ちの季節でもあります。私の場合もう20年以上そんな体験はありませんが、そんな別れ・旅立ちの曲を聴くと、なんとも言えない気持ちになるのは、桜が咲き、緑が芽吹く前だからでしょうか…。

ここでは歌謡曲全盛時代の、別れ・旅立ちをテーマにした、胸に迫る名曲を幾つか紹介します。

●微笑がえし
キャンディーズが好きな人はイントロだけで感傷的になるでしょう。新たな道へ向かう際の悲しみと期待が一緒になった名曲です。


●木綿のハンカチーフ
旅立ちから、お互いの気持ちが少しづつ離れていく状況を対話形式で描いた、松本隆の初期代表作です。


●制服
ちょうどこの曲の世代で、歌詞もそうですが曲も魅力的な名曲です。松本隆作詞、作曲呉田軽穂(松任谷由実)です。




hr.gif




ホームページ+ELPH+ studioを全面的にモデルチェンジし、一応レスポンシブル対応デザインにしました。

elphbanner234.jpg





posted by Kadan at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178989669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
gotop.jpg