2017年03月24日

村田喜代子の異世界

芥川賞受賞作「鍋の中」や映画化された「蕨野行」で知られる村田喜代子。この人の小説は独自の世界を持っています(タイトルもいいセンスです)。どこにもありそうで決してない不思議な舞台設定、そして奇妙な人たち。ファンタジーというほど夢物語でなく、幻想小説というほど幽玄でない、ある意味庶民的な人たちが、不可思議な世界を生きている、といった感じでしょうか。

純文学系ではありますが、何を物語っているのかわからない自己表現だけの感覚的なものでなく、話として楽しめ、何とも言えない読後感を味わえる小説です。そんな異世界小説、村田喜代子作品の中からお気に入りを三冊紹介します。他にも、短編集「鯉浄土」や「人が見たら蛙に化れ」など魅惑的なタイトルの作品もあります。


「硫黄谷心中」
昔心中の名所だった硫黄谷を舞台に、澤田屋旅館に集まった宿泊客と旅館の父娘、従業員のお婆さん、さらにはそこで昔起きた3組の心中が交錯する作品です。


「お化けだぞう」
宝永六年、日本橋の浜田屋の主人藤兵衛と妻のタキや手代たちが旅先で、草木による怪異を体験する連作短編集です。

「耳納山交歓」
耳納山麓の別荘地キクラゲ村の住人と、山深く時の止まった隠れ里に住むヒラタケ村の人々との不思議な交流を描いた心温まる作品です。
名品なのにAmasonや古書店にもなかなかありません。図書館にはあるかもしれません。

posted by Kadan at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179194004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック