2017年08月08日

永遠の曲「アクエリアス」


もともとミュージカル「ヘアー」の挿入歌を、なんとも言えない空気感とコーラスで永遠の名曲にした、5th Dimensionの「Aquarius/Let the Sunshine In」は、私の中では夏に聴きたくなる曲の一つです。

詩の内容は、夏というわけではなく、邦題「輝く星座」から冬を浮かべる人もいると思いますが、60年代末、12星座が一巡し水瓶座の時代に入り新しい世界が生まれる夜明け、といったヒッピー的スピリチュアルな世界観を歌っています。後半の「レット・ザ・サンシャイン」の繰り返しとヒッピー文化の頂点、67年のサマー・オブ・ラブなイメージが、夏を想起させるのでしょう。世界が変わると信じられていた時代の歌は、その時代を知らないものが聴いても胸に迫るものがあります。






hr.gif




HPの+ELPH+を更新
ホームページ+ELPH+ studio Kanda Kadanを更新し、デスクトップピクチャー・銘菓情報を追加しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg




posted by Kadan at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180583574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック