2017年09月01日

阿久悠の世界

先ごろ24時間テレビでドラマ化もされた、70年代を代表する作詞家・阿久悠。80年代の代表・松本隆の詞が今もストレートに伝わってくるのに対して、まさに時代を背負った世界観になってしまった阿久悠の詞ですが、私はそれが悪いことだとは思いません。高揚した60年代の後、爛熟した70年代らしい多様な阿久悠世界は、歌謡曲を全盛にしました。

5000曲もあるといわれる楽曲の中から、私がiPhoneで聴いているお気に入りをいくつか紹介します。


●朝まで待てない - The Mops
世界のサイケマニアに知られるモップスのデビューシングルです。シングルのためプロ作家に任せた曲ですが、アレンジのダルな感じがロックです。


●十七の夏 - 桜田淳子
大好きな70年代歌謡の中でも1・2を争うアイドル歌謡の名曲です。70年代の理想のティーンエイジャーな歌詞がまぶしいです。


●時の過ぎゆくままに - 沢田研二
ドラマ「悪魔のようなあいつ」の主題歌でもあるこの曲は、虚無的で渋い曲です。数年前CSでドラマを観て、大好きな一曲になりました。



posted by Kadan at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180851615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック