2017年09月13日

Sunday Bloody Sunday


1972年北アイルランドのロンドンデリーで起きた「血の日曜日事件」を扱った映画「ブラディ・サンデー(Bloody Sunday)」を紹介します。

「血の日曜日事件」は、1972年1月30日、デモ行進中の市民27名がイギリス陸軍落下傘連隊に銃撃され、14名死亡、13名負傷した、未だうやむやな部分の残る虐殺事件です。

兵士が、逃げ惑う無防備な市民、被弾した人を助けようと白旗を揚げた人に躊躇なく銃を向け殺害しても、後悔の念すらなく、”アドレナリンが出まくった”と嬉々としている姿が描かれ、カメラワークの臨場感とともに、その生々しさにゾッとします。

この事件の場合、IRA(アイルランド共和軍)への疑心暗鬼から行動がエスカレートしたのでしょうが、権力側の横暴、その後の隠蔽体質は、独裁国家だけではなく民主国家と言われている国でも結構あるんだろうな、思いました。

異なる意見を排除しようとする強権な政治を盲目的に支持する人がいますが、常に権力側に対しては、懐疑的・検証的な視点が大事だと、この映画を観て思いました。

映画では、U2の「Sunday Bloody Sunday」がエンディングに使われていましたが、より直接的なジョン・レノンのこの曲の方がこの事件を生々しく描いています。

●Sunday Bloody Sunday - John Lennon


posted by Kadan at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180981186
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック