2017年09月20日

風立ちぬ

「風立ちぬ」といっても堀辰雄の名作でもジブリアニメでもなく、松田聖子1981年のアルバムからです。大瀧詠一、鈴木茂、松本隆と元「はっぴいえんど」のメンバーが深く関わり、特にSide Aの5曲は、大瀧詠一サウンドが色濃く出ていて、大瀧詠一最大のヒットアルバム「A LONG VACATION」の対になっているとも言われています。

大瀧サウンドは、確信犯的に60sポップスを織り交ぜます。このアルバム「風立ちぬ」でもそれは顕著で、ある意味元ネタな60sポップスを聴くとニンマリしてしまいます。

「風立ちぬ」の曲は、相変わらずオリジナルが聴けない(プロモーションになるので音質を下げたもの位は許可したほうがプラスになると思うのですが…)ので、知らないとただの60sポップス紹介になってしまいますが、それでも聴くだけでノスタルジックで甘酸っぱい気分になるのが60sポップスです。


*Be Good To Your Baby - Ronny and The Daytonas
「一千一秒物語」元ネタ。旋律がかなり似ています



*Bad Girl - Neil Sedaka
「ガラスの入江」元ネタ。アレンジと印象が似ています



*Venus In Blue Jeans - Jimmy Clanton
「風立ちぬ」元ネタ。以前も紹介しましたがアレンジが大きく影響を受けています




posted by Kadan at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181047369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック