2017年09月26日

魅惑の寺社

datueba.jpg
大宗寺の奪衣婆

東京には、浅草寺や増上寺、神田明神や明治神宮など誰もが知る寺社がありますが、そういった超有名どころ以外にもたくさんの寺社があります。

残念ながら京都のような広大な敷地、古い建造物は、関東大震災、戦争、そして乱開発で消えてしまいましたが、個性や風情がある寺社は結構あります。ここでは他では味わえない独自の世界を持っている寺社を紹介します。

●玉川大師
世田谷区瀬田4-13−3
闇の中、石仏が浮かび上がる地下霊場は、異世界体験ができます。四国八十八ヶ所、西国三十三ヶ所の霊場を巡拝したのと同じご利益を得る「お砂ふみ大祭」の期間(5月と、10月の20日付近3日間)がオススメです。



●澤蔵司稲荷
文京区小石川3-17−12
時の流れが止まったような妖しい世界です。修繕が行われたことで、ちょっと整備されてしまいました。
徳川将軍家の菩提寺・伝通院から、幸田露伴・文邸の前の善光寺坂のムクノキを通って巡るのがオススメです。



●大宗寺
新宿区新宿2-9−2
寺自体もう趣は全くありませんが、圧倒する閻魔像・奪衣婆像があります。閻魔の斎日1月15、16 と7月15、16の年2回のみ扉が開かれ目の前で見ることができます。



●豪徳寺
世田谷区豪徳寺2−24−7
招き猫発祥の寺といわれています。境内は風情もあってのんびりできますが、1000体以上の白い招き猫の集合体は、ちょっと狂的で見ごたえあります。



posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181103728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック