2017年12月24日

この一曲を

King CrimsonやE.L.Pのボーカルとして、気品と破壊のどちらも柔軟に表現したグレッグ・レイクによるソロ時代のクリスマスソングの名曲です。

数多くあるクリスマスソングの中で最も荘厳で美しい楽曲だと思います。イントロのギターから引き込まれ、後半のオーケストラはクラシックの名曲を聴いてるようで、心の汚れをほんの少し消し去ってくれます。

●I Believe in Father Christmas - Greg Lake



posted by Kadan at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181929068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック