2018年01月17日

魅惑のピアノリフ

ピアノの音色は他では味わえない魅力があります。Let It Beがシンセだったら魅力が半減しますし、ギターやオーケストラだったら全く別の曲になってしまうでしょう。

クラシカルな趣から、ホンキートンクなノリまで、いろんな味が楽しめるピアノは、ロック・ポップスの世界でも数々の名曲が存在します。ここでは、特にリフがたまらない曲を4曲紹介します。

●Romeo's Tune - Steve Forbert
イントロからエンディングで繰り返されるリフは名旋律です。


●The Way It Is - Bruce Hornsby & The Range
ピアノメインの曲ですが、特にサビの繰り返すリフが魅力です。


●Lady Madonna - The Beatles
ホンキートンクなノリのピアノリフの超名曲です。


●雨の街を - 荒井由実
名曲が多い荒井由実時代の繊細で切ないピアノリフの名曲です。



posted by Kadan at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182165802
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック