2018年03月02日

風景が一変した70年代

故郷、群馬の新田町(現太田市新田)は70年代に風景が一変しました。当時は幼稚園・小学生なので、ただいろんな所が変わっていくな〜程度にしか思わなかったのですが、大人の視点で今思い出すと、残っていたそれまでの日本の風景が、風情のない今の田舎に変わっていった時代でした。

田圃道がアスファルト化され、横を流れていた小川のような用水路がコンクリート側溝に変わり、茅葺屋根や本瓦の家が何々ハウス、ハイムの既成住宅へと変わり始めました。それと前後して、広大なスーパーができ、老人が歩いて行ける集落に一つ二つあった商店が姿を消しました。

その後、隣町の駅前はシャッター街になり、国道沿いには、パチンコ、ファミレスが並び、広大な工場団地ばかりが目立つ、まったく絵にならない故郷になってしまいました。

そんな日本的情緒が消えて久しい故郷ですが、下記の曲や映画「男はつらいよ(30作目くらいまで)」を観ると、変貌する前の故郷の風景がよみがえってきます‥。


●新日本紀行のテーマ - 冨田勲


●モクセイの花 - デューク・エイセス



また一人昭和の名優が逝きました。現在「寺内貫太郎一家」がBS12(無料です)で再放送されています。一癖ある芸達者な喜劇俳優やあの横尾忠則もレギュラーで出ている久世ドラマの名作です。


●BS12「寺内貫太郎一家」
https://www.twellv.co.jp/event/terauchi/



posted by Kadan at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182554068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック