2018年04月06日

ただ走る「ランデブー」


フランスの名匠クロード・ルルーシュが1976年に製作した、エンジン音を轟かせながら、朝のパリの街をひたすら9分間走るだけの作品です。

明らかに交通違反してますが、アクセル全開でゴーカートのような低いアングルは迫力があります。看板だらけで雑居な東京と違って、どこまで走っても朝のパリの街は綺麗なので、不思議とずっと見入ってしまう作品です。


posted by Kadan at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182903147
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック