2018年07月31日

杉浦非水のカラー化

hisui_bl.jpg

日本のグラフィックデザインの開拓者、杉浦非水をカラー化しました。

明治末・大正時代にアールヌーボー、アールデコなどをいち早く取り入れ、洗練されたポスターや着物などの図案で三越のブランドイメージを確立させました。

その後、多摩帝国美術学校(現多摩美術大学)の創設に参加し初代校長となりました(そのため長く三越の広告デザイン部はほぼ多摩美グラデ枠でした。三越伊勢丹ホールディングスになった現在はわかりません)。


ホームページ+ELPH+ studio Kanda Kadanの「古写真カラー化」- (人物着色)にも掲載しています。

上記ほか「日本の宿総覧」に岐阜 -山里のいおり 草円- を追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg



posted by Kadan at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184059985
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック