2018年08月14日

es[エス]という映画

1971年にアメリカのスタンフォード大学で行われた実験を元にした映画「es」を紹介します。環境や暗示で簡単に人の心が変貌してしまう恐怖は、ホラー映画以上に背筋が寒くなります。

大学の心理学部で、実験の被験者となってくれる男性を公募し、無作為に「囚人役」と「看守役」に分け、地下にある擬似刑務所で実験を始めます。実験とわかっているので早く終わらせて報酬を貰おうと最初は和気あいあいとしていましたが、徐々に「看守役」は、実験の指示である秩序を理由に攻撃的で高圧的態度となり、逆に「囚人役」もその秩序を保つため服従するようになります。事態はエスカレートしていき、虐待、暴行が行われ、死者も出る惨劇となって実験は中止されます…。

スタンフォード監獄実験の結果は、「権力への服従」、「非個人化」というものでした。戦時下やカルト・新興宗教の世界で見聞きする狂気ですが、実験に参加したのはごく普通の人たちで、まさに誰にでも起こりうると言えます。過剰報道や作り出されたブームにすぐ乗ってしまいがちで、「みんながそうだから自分も〜」となりやすい日本人は、個人主義の強い欧米以上に集団暗示にかかりやすく、太平洋戦争末期の異常な状況を考えると、同じ実験をしたらもっと過剰な結果になったかもしれません。





posted by Kadan at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184167375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック