2012年09月18日

必聴Zundoko-Bushi

カリフォルニア・ギター・トリオ(California Guitar Trio = CGT)による、すばらしくそしてドリフ世代にとってはとても楽しい楽曲を紹介します。

カリフォルニア・ギター・トリオは、プログレの雄キング・クリムゾンのロバート・フリップによって開かれたギタークラフト出身の職人技を持つアコースティックギターアンサンブルです。日本人メンバーがいるので「Hanagasa」や「Yamanashi Blues」など日本名の付いた曲がいくつもあります。

今回紹介するのは、キング・クリムゾンの「21世紀の精神異常者(ありがちな事情で現在は21世紀のスキッツォイド・マン)」とドリフの「ズンドコ節」の融合である「Zundoko-Bushi」です。どちらも名曲ですが、ジャンルというか世界がまったく違うので、まさかこうも素敵にアレンジされると顔から笑みが消えません。


Zundoko-Bushi



ザ・ドリフターズ - ズンドコ節


King Crimson - 21 Century Schizoid Man



posted by Kadan at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58326406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック