2020年06月19日

Partial Solar Eclipse 6.21

nisshoku.jpg

6月21日の夕方、日本全国で部分日食が見られます。南西に行くほど大きく、沖縄などの南西諸島では三日月形ほどまで欠けるようです。16時頃から始まり、18時前後で終わります。

東京や横浜あたりは、16時11分に欠け始め、17時10分最大、18時3分に終了します。私の家は13階ですが、西はタワマンがあるのでちょっと厳しいかもしれません…。海側のみなとみらい橋にでも行ってみようかと思っていますが、まあ何よりも天気も心配です…。



posted by Kadan at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月14日

ネットで給付金申請

海外のような迅速な給付とは雲泥の差の日本でも、やっと特別定額給付金の申請が始まりました。ネットでの申請はマイナンバーカード(マイナンバー通知カードでなく)があればすぐに行えます(自治体にもよりますし給付はずいぶん後になるようですが…)。ただし注意が必要です。マイナンバーカードに付随する4桁のパスワードと6〜16桁のパスワードが分からない方は、役所に行って数時間待ちの再発行と本末転倒状態になるので、郵送申請の方がいいでしょう。

ネットでの申請は、パソコンかスマホですが、パソコンの場合は別途カードリーダーが必要なので、スマホが気軽です。iPhoneユーザーなら、まずApp Storeで「マイナポータルAP」というアプリをインストールしておき(iOS 13.1 以降、Android 6.0 以上でないとできません)、その後Webブラウザーで「マイナポータル」にアクセスして進めていけば申請できます。詳細は下記記事が参考になります。
始める前に、
・マイナンバーカード
・マイナンバーカード申請時に登録した4桁のパスワードと6〜16桁のパスワードの控え
・通帳やキャッシュカードなど振込先口座がわかるものを撮った写真画像
を用意しておくとスムーズにできます。

私の場合、マイナンバーカード情報の読み取りに何度か失敗しました。なるべく近づけた方がいいようです。また時間帯によっては混雑してうまくいかない場合もあります。世帯主が申請ですが、スマホを持ってる家族が世帯主の代わりに行う(世帯主のマイナンバーカードで)ことも可能です。

本来は生活費に使う給付金なのですが、不謹慎にもMacBookやエレキベースを買う誘惑に襲われています…。

● ケータイWatchより
iPhoneやAndroidで10万円の特別定額給付金を申請する手順は? 機種、必要アプリも要チェック
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/teppan/1250981.html





posted by Kadan at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月09日

パラレルワールドがあれば…

今の世界と並行して別の世界があるという「パラレルワールド」。物理学の世界でも理論的な可能性があると言われています。一つではなく分岐した無数のパラレルワールドがあるという説もあって、SF作品などでもよく取り上げられます。

司会とは違う、志村けんの本質が味わえた「志村でナイト」の時間になると、志村ロスがぶり返し、ふとパラレルワールドがあったら、なんて考えてしまいます。
志村けんが復帰して、
「いや〜死にそうになりました。医者から、あと1日遅かったら危なかったって言われました。」
そんなインタビューに応える世界があるのでしょうか。また、お笑いに入らずに兄と同じ公務員になり、職場や近所、親族しか知らない志村康徳として平凡な人生を送っている世界もあるのでしょうか…。

新型コロナが存在しない、いつも通りの春を迎えた世界が"現世界"ならどんなに良かったか…、そんなことを考えてしまいます。

「FRINGE/フリンジ 」という海外ドラマ(Amazon Primeで全5シーズン配信中)があります。シーズン1は基本1話完結で怪死事件の捜査ものですが、シーズン2からは、その原因が、ある分岐を境にまったく違う世界になったパラレルワールドと関係があることがわかり、過去、未来、そしてパラレルワールドが絡み合うストーリーがメインになっていきます。まだ観ていないAmazon Prime会員の方は、これを観て家でのんびり過ごすのもいいかもしれません。






posted by Kadan at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月30日

今年の3月はいらない

子供の頃の土曜8時はほんと楽しかった。こんなあっという間に。
今年の3月はいらない…。

●Do Me - Teddy Pendergrass


●Don't Knock My Love - Diana & Marvin



posted by Kadan at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月11日

よく見かける横浜ロケ地

yamate234mae.jpg

横浜は映画やドラマ、CMでロケ地としてよく使われます。もちろんそれは横浜のほんの一部で、ある意味”外面のいい”部分だけですが、自分で歩いてみてもなかなか気持ちのいい場所でもあります。

ロケで使われる多くが、みなとみらいや元町、山手などちょっと洒落た感じの海がらみのところでしょう。二昔前までは伊勢佐木町、関内あたりが中心地で、歌まであったくらいですが、今の伊勢佐木町はドンキやダイソーも進出して、空気は浅草六区ブロードウェイのような感じで、使われても場末のシーンや犯罪現場に使われる時代になってしまいました。

ここではベタで観光案内にも出てしまっているでしょうが、私の好きなよく使われる場所をGoogleマップで紹介します。

●万国橋
デートや歩くシーン、広告などで使われるランドマーク周辺を一望できる歴史ある橋です。


●汽車道
内海を通る貨物線跡を遊歩道にしたのんびり歩ける道でロケや広告でよく使われます。


●グランモール公園
横浜美術館とMARK ISの間にある700m続く遊歩道で数多くのシーンに登場します


●日本大通り
クラシカルな建物群と銀杏並木が美しく横浜地裁やレストランAlte Liebeなどよく使われます。


●元町公園と山手234番館周辺
こちらは歴史あるクラシカルな風景でファッション誌やCMなどで使われます。もっともオススメの場所です。



posted by Kadan at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月27日

ちょっとしたことで。

下記載の記事と同じで、ちょっとしたことから利用しなくなることってあります。私の場合は、「楽天」でした。

ずいぶん前ですが、楽天社内を紹介するという感じのテレビで、軍隊や昭和の危ない業者の営業マンのような朝礼をしていました。元々、ロゴやCM、代表の印象など、スタイリッシュでリベラルなイメージでなく、ドンキや和民、ダイソー的世界観の会社なので好感を持っていたわけではなかったのですが、この光景を見てからショップサイトの無駄に多い巨大商品バナーなどいろんなことが気にさわるようになって購入しなくなってしまいました。

今回の出店社全額負担の送料問題も同じ強権的思想が流れている感じがして、マイナス印象はさらに拡大しています。

●ロケットニュースより
朝礼・点呼
【引いた】私が「いきなり! ステーキ」に行かなくなった、たった1つの理由
https://rocketnews24.com/2020/01/20/1322731/


●Pigs - Pink Floyd



posted by Kadan at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月31日

81年の郷愁

Amazon Primeで「8時だョ!全員集合」を観ていたら、松田聖子と河合奈保子が一緒に出ている81年の放送回でした。「白いパラソル」や「スマイル・フォー・ミー」を唄う姿を見ていると、40年近く前の”遠い思い出”というより、当時の気持ちが昨日の事のように蘇ってきました。

「エースをねらえ!」の影響で中学でテニス部に入部した時代…。デビュー曲からいち早く松田聖子のファンになり、幼馴染とコンサートに行ってグッズとサイン色紙(おそらくスタッフ書き…)を買った時代。そんな中学1・2年の記憶が新鮮に浮かんでしました。

不思議なのは、ファンだった松田聖子より、なぜか河合奈保子の「スマイル・フォー・ミー」の時にその感覚が強く感じられたことです…。


- 白いパラソル -


- スマイル・フォー・ミー -



posted by Kadan at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月01日

Happy New Year 2020


2020hny.jpg



posted by Kadan at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月08日

John Lennon…

今年で39年経ちました…。
人生で最も影響を受けた人物です。ジョンの曲(特にソロ)を体験しなかったら、社会の欺瞞とか不条理など考えもせず、のほほんと”みんなと一緒がいい”流される人間になっていたでしょう。

● Gimme Some Truth


posted by Kadan at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月29日

思い出す一瞬の記憶

思い出と呼ぶにふさわしい一瞬だけでなく、本当になんでもない一瞬がフッと頭に浮かぶことがあります。小学校時代の5時間目の夕立の時の教室風景だったり、何年も前に住んでた街の平凡な道だったり、もう会わなくなった人の何気ない仕草だったり、思い出そうとして浮かんでくるのではなく、思考がつかの間停止した時に何の脈絡もなく光景が浮かんでます。

そういった一瞬の記憶は、人生で大した意味を持たないくせに何度も浮かんでくることがあり、つい最近一番強烈で笑ってしまったのが、30年以上前に亡くなった祖父が、山本リンダの「どうにもとまらない」を観ながら”キチガイか”と呟いた記憶です。調べると「どうにもとまらない」は1972年の曲で、私は3歳か4歳。その年齢で”キチガイ”の意味を知っていたのか不明の響きの意味をその後知り、強く記憶に刻まれたのかはわかりませんが、とにかくこの記憶がフッと浮かぶと吹き出しそうになります。(いつの間にか、キチガイやツンボ、メクラなど、マスコミの”自主規制”でしかない言葉が、まるで法律で禁止された差別語になって名台詞や名曲が抹殺されてる悲しい時代です‥)

明治生まれの田舎の人から見れば、そう呟いてしまうのもわからなくはない、この映像をどうぞ。

● どうにもとまらない - 山本リンダ



posted by Kadan at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記