2016年03月05日

ヴィンテージマンション紹介

ヴィンテージマンションという定義ははっきりありません。不動産屋サイトではただ単に築年数の古いマンションをヴィンテージマンションと銘打ってたりしますが、多くの人がイメージするヴィンテージマンションとは、都会の一等地や高級住宅街に建ち、発売時一般には手の届かなかった個性ある超高級マンションでしょう。

ここでは特に築4.50年経つ、マンション草創期に建てられたヴィンテージマンションの定番とも言える魅力あるものをいくつかを紹介します。

●コープオリンピア
1965年築
原宿駅、神宮橋正面に見える、ヴィンテージマンションの代名詞とも言えるマンションです。日本の億ション第1号としても知られています。


●ビラ・ビアンカ
1964年築
グラスエリアを多用した、いまだ色褪せない圧倒的存在感を持つデザイナーズマンションの先駆けです。


●ホーマット プレジデント
1971年築
六本木、ホテルオークラ向かいの一等地に建つ緑多い重厚マンションです。私の一番好きなヴィンテージマンションですが未だ家賃月150万以上の超高級物件です。


●大倉山ヒルタウン
1977年
最後は横浜から。一軒家豪邸の多い山手ではなく、東横沿線の大倉山の高台に建つこのマンションは、緑に覆われ景観が素晴らしいです。




posted by Kadan at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2016年02月05日

Cyriakの増殖する猫

以前にも何度か紹介したCyriakの異世界。今回紹介するのは、ヒップホップグループRun the Jewelsのミュージックビデオですが、相変わらずのCyriak世界が繰り広げられています。

猫をモチーフにしていますが、かわいい映像とは正反対のCyriak独自の増殖展開を繰り返す、ぶっ飛んだトリップ感ある表現になっています。Cyriak作品を見ていつも思うのですが、展開がどんどんシュールな世界にエスカレートして、見るものの範疇を超えていくところに”やられた”感があります。今回も後半とんでもない猫になっていくので必見です。

●Run The Jewels + cats = MEOW THE JEWELS. Directed by visual wizard Cyriak.





posted by Kadan at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2016年02月01日

文豪漱石カラー化

soseki.jpg

文豪夏目漱石のモノクロ写真をカラー化してみました。古い写真なので粗い画質ですが、色が着くことで100年も前に亡くなった漱石が少し身近に感じられる気がします。

ホームページ+ELPH+ studio Kanda Kadanの「パノラマ幻戯館」- 「よみがえる江戸」の「付録」にも掲載します。
「付録」には幕末明治の風景写真以外の人物写真カラー化(今回が第3作目)や風景の今昔比較などを展示しています。



hr.gif



ホームページ+ELPH+ studio Kanda Kadanを更新し、古写真カラー化、毎月のロック等を追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg





posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年12月09日

新宿タイガー40年


新宿歌舞伎町の有名人「新宿タイガー」さんの記事が朝日新聞にありました。

初めて見たのは、大学進学のため上京した30年近く前でした。兄が学生の時にすでに活動していたので、存在は当時も知っていましたが、歌舞伎町の街をタイガーマスクのお面をしてレインボーのかつらを被り、自転車で疾走する姿を初めて見た時は、やはり衝撃的でした。タイガーマスクと言う人もいれば、レインボーマンという人もいました。

ずいぶん前にテレビの取材で新聞配達をしていることを知って以来、今回の記事で初めて生い立ちなど知りました。県人会にも入っているようで、なんかちょっと意外でした(私の周りで県人会に入ってる人を知りません…)。40年目で現在67歳、20代から人生のほとんどを「新宿タイガー」として生きてきた原田吉郎さん。ある意味、歌舞伎町で最も古株の人かもしれません。人にはいろんな人生があり、誰もが普通だとつまらない世の中になります。

●朝日新聞より
新宿タイガー、40年目の師走 蕎麦すすり思い出すのは
http://www.asahi.com/articles/ASHD26W75HD2UTIL04Q.html



posted by Kadan at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年12月04日

水木しげるの細密世界

sunakake.jpg

11月は訃報が続きました…。私の最も好きな漫画家水木しげるさんも逝ってしまいました。小学生の頃、みんなが最新のマンガを読んでる頃、私は「河童の三平」を読んでいました。今でも夏に強烈な懐かしさを感じるのが、冷房の効いた部屋で、カルピスを飲みながら、夕方4時から再放送したいた「ゲゲゲの鬼太郎(第2シリーズ)」を観ていた記憶です。

たくさんの作品をその後も飽きることなく読み続けました。今年に入ってからも「方丈記」や「怪奇と風刺作品集」、「妖怪反物」などを再読したばかり。子供の頃買って紛失した名品「死者の招き」をネットで探してもいました(絶版なので高く手に入れてませんが…)。Twitterもフォローしていたのですが、そういえば最近は出版物紹介だけで、日常の一コマ写真がなく、体調が回復されていないのか、と心配していました。

水木作品の凄さは、愛すべきキャラクターもありますが、背景の細密描写が衝撃的でした。ある意味小さい頃に刻まれた、あの細密描写で描かれた山村や石仏が、日本の原風景への憧憬や江戸時代への憧れの原点だったように思います。もう新たな作品を読むことはできませんが、たくさんの名作を残しています。これからも水木作品は私の愛読書であり続けるでしょう。








posted by Kadan at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年12月01日

伝説的大女優、原節子カラー化

harasetsuko.jpg
元写真 (c) 出版協同社「永遠のマドンナ 原節子のすべて」より

戦前戦後を通して、世界的にも知られる伝説的大女優原節子さんが亡くなりました。先日映画「わが青春に悔なし」を観たばかり。どうしているだろう、と思っていたところの訃報でした。お金や自己顕示欲の誘惑が多い芸能界で、ここまで完全に引退、隠遁した女優はおらず、「日本のグレタ・ガルボ」とも言われました。

鎌倉浄妙寺あたりに行けば、もしかしたら散歩に出た姿にでも会えるのでは(0.1%以下の確率でしょうが)と思っていましたが、もうその夢も消えてしまいました…。

そんな大女優原節子さんのモノクロ写真をカラー化してみました。カラー映像の作品も多くあり、カラー化はあまり意味がないかもしれませんが、大女優の若き日が少し身近に感じられるように思います。

この写真は、+ELPH+ HPのパノラマ幻戯館-古写真のカラー化ページ「よみがえる江戸」の「付録」にも掲載します。
「付録」には幕末明治の風景写真以外の人物写真カラー化(今回が第2作目)や風景の今昔比較などを展示しています。


hr.gif



ホームページ+ELPH+ studioを更新し、古写真カラー化、毎月のロック等を追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg





posted by Kadan at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年11月18日

超絶細密甲冑師

kaccyu.jpg

6世紀の甲冑師「フィリッポ・ネグローリ」の超絶細密作品がすごいです。

伊藤若冲にも言えますが、常人には不可能な狂的な執念すら感じる細密さです。あまりにも凄すぎて、もし巨万の富を得て持つことができても恐怖を感じて心落ち着かないものになってしまいそうです。

●らばQより
魔王とだって戦えそう…ヨーロッパの王侯貴族から愛されたアーマー職人「フィリッポ・ネグローリ」の作品いろいろ
http://labaq.com/archives/51859772.html



posted by Kadan at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年09月17日

すごいフラワーパレード

4137f8fe.jpg

オランダ南部ズンデルトのフラワーパレードのクオリティがすごいです。没後125周年を記念して「ゴッホ」が今回のテーマのようで、巨大なゴッホの顔もすごい迫力です。

日本の祭りの山車にもすばらしいものがありますが、このオランダの山車のすごい所は、すべて花で作られていることです。以下のページにいくつも写真が紹介されていますが、目の前で実際見ると迫力も全然違うでしょう。

●らばQより
花で再現した巨大「ゴッホ」の再現度がすばらしい…オランダのフラワーパレードの写真いろいろ
http://labaq.com/archives/51856787.html

●World’s Largest Flower Parade In The Netherlands
http://acidcow.com/pics/74064-worlds-largest-flower-parade-in-the-netherlands-14-pics.html


posted by Kadan at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年09月09日

知っておきたいトランス脂肪酸


日本では一部の健康マニアなサイトでしか話題にならず、食品安全委員会の「大多数の日本国民のトランス脂肪酸摂取量は、WHOが推奨する総エネルギー比1%未満を下回っており、通常の食生活では健康への影響は小さい」という見解から、表示義務がなく、まったく規制されていない「トランス脂肪酸」。先進国のほとんどでは表示義務があるのですが、消費者より業界が大事な日本ならではの無規制状態です。

たしかに和食中心の家庭ではほとんど問題にならないでしょうが、若い世代などポテトチップスやフライドポテト、スナック菓子、加工食品、マーガリンを日常的に食べている人も結構いるので、表示義務は必要でしょう。

ジャーナリストの佐々木奎一氏の記事で、マーガリンを販売しているメーカーにトランス脂肪酸含有量を調査しています。7年前の調査時に比べ、多くのメーカーがトランス脂肪酸を減らしているのがわかりますが、いまだ明治やセブンプレミアムなど開示拒否しているところもあるので、マーガリンを買う際は、下記サイトを参考にしたほうがいいと思います。あと、一見トランス脂肪酸が少なそうな「べに花」が、実は多いというのも意外でした。

●ビジネスジャーナルより
危険なトランス脂肪酸、含有量ワースト5のマーガリン!雪印、イオン…セブンは開示拒否
http://biz-journal.jp/2015/07/post_10696.html




posted by Kadan at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2015年09月01日

白蓮カラー化

byakuren.jpg

「花子とアン」でもモデルになった、大正期の歌人「柳原白蓮」の白黒写真を着色してみました。もう少し鮮明でザラつきががなければもう少しリアルな感じになったのですが、古い写真なので仕方ありません…。

この写真は、+ELPH+ HPのパノラマ幻戯館-古写真のカラー化ページ「よみがえる江戸」の「付録」にも掲載します。
「付録」には幕末明治の風景写真以外の人物写真カラー化(今回が第一作目)や風景の今昔比較などを展示しています。


hr.gif



ホームページ+ELPH+ studioを更新し、古写真カラー化、毎月のロック等を追加更新しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg



posted by Kadan at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報