2018年10月08日

横浜の坂道

横浜は坂の街です。平らな横浜駅周辺や関内は、幕末・明治に、みなとみらいは、戦後に埋立られたところです。中区や西区、港北区あたりは、坂の上にお屋敷街があり、坂の下は庶民の街や商業地になっていて、山の手、下町の違いが顕著な街でもあります(昭和3.40年以降に山を削って作られた新しい高台宅地は庶民的ですが…)。

そんな横浜の坂の中から、歴史的に有名だったり、坂マニアにとって知られた坂を幾つか紹介したいと思います。いわれや歴史を知ると、今までなんとも思わなかった坂がちょっと魅力的になります。

●代官坂
daikanzakajpg.jpg
(c) Google

元町から山手に出る代表的な坂です。「コクリコ坂から」にも出てくる、1873年に創業の日本初のお花屋さん「宮崎生花店」や1950.60年代にかけて、一世を風靡したダンスホール「クリフサイド」などある坂です。




●紅葉坂
momijizaka.jpg
(c) Google

明治期の着色写真にも残る坂です。古写真のような風情ある美しい別天地のような世界はもうありませんが、伊勢山皇大神宮、掃部山公園などがあり、歴史を感じさせる坂です。




●不動坂
hudozaka.jpg
(c) Google

根岸森林公園から、ユーミンの「海を見ていた午後」で知られるレストラン「ドルフィン」の横を下る坂です。開国後の外国人遊歩道になった道で当時は坂から本牧岬や根岸湾を見渡せました。森林公園付近の高台は今も異国情緒を感じます。




●アメリカ坂
americazaka.jpg
(c) Google

本牧通りから本牧山頂公園の西側入口までの坂です。戦後、米軍に接収されていた場所で、現在は緑が多く、"駅から遠い"という思考のない、高級外車所有の瀟洒な豪邸が立ち並びます。ここも昔からテレビドラマのロケで使われています。




posted by Kadan at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2018年05月24日

本牧八景

春から夏に向かう5月は、空がとても青く一番好きな季節です。本牧を散歩しながら、この季節の一瞬をカメラに収めました。

iPhoneで音楽を聴きながらの本牧散歩は、シフォンズの「One Fine Day」が流れればアメリカにいるような、水戸黄門の「旅立ちのテーマ(水戸黄門サントラ盤から)」が流れれば、開国時代の本牧を歩いているような妄想に陥るのですが、それも結構楽しいです。

honmokuhakkei1.jpg
Mooneyes前

honmokuhakkei2.jpg
本牧神社

honmokuhakkei3.jpg
旧マイカル本牧(現イオン本牧)

honmokuhakkei4.jpg
本牧山頂公園

honmokuhakkei5.jpg
旧横浜山手250番館(現パークシティ本牧クラブハウス)

honmokuhakkei6.jpg
本牧和田の住宅街

honmokuhakkei7.jpg
新本牧公園

honmokuhakkei8.jpg
ブギーカフェとべスパサービスあたり



posted by Kadan at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2018年03月31日

桜散歩 椿山荘周辺

以前から行こうと思っていたものの場所的になかなか行く機会のなかった、カテドラル関口教会、椿山荘周辺へ花見がてら行って来ました。

カテドラル関口教会は、ルルドの洞窟と丹下健三氏設計の大聖堂が見所です。フランスのルルドの洞窟を模した明治44年(1911年)に作られた異空間ルルド、SF的空間の大聖堂内、教会では日本一大きいパイプオルガンの響きなど、どれも非日常を楽しめます。
*無許可で撮る人も多いですが聖堂内は写真撮影禁止です

カテドラル関口教会、椿山荘と同等に行きたかった胸突坂もオススメです。この坂は坂マニアにも有名で、蕉雨園、永青文庫、水神社など両脇に緑が多く、時の流れがゆったりとした趣ある坂です。

桜の季節は神田川沿いの遊歩道も魅力的です。途中椿山荘への入口があり庭園を巡ることができます。椿山荘は、古くから椿が自生する「つばきやま」といわれ、明治期に山縣有朋が自分の屋敷として「椿山荘」となり、戦後藤田観光により現在の椿山荘になりました。庭園内は緑溢れる山で、古木や寛文九年(1669年)作の青面金剛の庚申塔もあり歴史を感じます。

文京区関口、目白台周辺は、閑静で散策するにはとてもいい環境です。紅葉の季節に水神社のイチョウを観にまた訪れたいと思います。

katechin1.jpg
カテドラル関口教会大聖堂

katechin2.jpg
ルルド

katechin3.jpg
胸突坂

katechin4.jpg
神田川

katechin5.jpg
椿山荘


posted by Kadan at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2018年03月25日

桜餅の祖「長命寺 桜もち」

sakuramochi.jpg

そろそろ桜餅が食べたくなる季節です。桜餅には、小麦粉を薄く焼いた皮であんを包んだ関東風と道明寺粉を使い半餅状であんを包んだ関西風の2種類がありますが、元祖は、向島の「長命寺 桜もち」と言われています。由来は、1717年(享保2年) に長命寺の門番をしていた山本新六という人が、桜の落ち葉に手を焼き、ふと思いついて桜の葉を塩漬けにし、あんこを小麦粉の薄皮で包んだものをその葉で巻いて売ったところ、大人気になった、ということです。

この長命寺の桜もちは、広く出回っている関東風桜餅とはちょっと違います。桜色の皮であんをロールし、一枚の桜の塩漬け葉で包んだものが関東風桜餅のイメージですが、長命寺の桜もちは、白く薄い皮を二つ折りにしてあんを挟み、三枚の桜の塩漬け葉で包んでいる、元祖ならではの桜餅です。

江戸時代の隅田川の土手は、桜並木の名所で、土手からは遠く富士山も見えてたことでしょう。現在も長命寺横に本店がありますが、目の前の道路の上を首都高が通っていて江戸情緒はありません…。それでも近所の老舗の団子3つ600円以上ような老舗価格ではなく、1つ200円と手頃なので、元祖桜もちを食べてみたい方は一度訪れてみてください。





●長命寺 桜もち
墨田区向島5-1−14
http://sakura-mochi.com/


posted by Kadan at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2017年09月26日

魅惑の寺社

datueba.jpg
大宗寺の奪衣婆

東京には、浅草寺や増上寺、神田明神や明治神宮など誰もが知る寺社がありますが、そういった超有名どころ以外にもたくさんの寺社があります。

残念ながら京都のような広大な敷地、古い建造物は、関東大震災、戦争、そして乱開発で消えてしまいましたが、個性や風情がある寺社は結構あります。ここでは他では味わえない独自の世界を持っている寺社を紹介します。

●玉川大師
世田谷区瀬田4-13−3
闇の中、石仏が浮かび上がる地下霊場は、異世界体験ができます。四国八十八ヶ所、西国三十三ヶ所の霊場を巡拝したのと同じご利益を得る「お砂ふみ大祭」の期間(5月と、10月の20日付近3日間)がオススメです。



●澤蔵司稲荷
文京区小石川3-17−12
時の流れが止まったような妖しい世界です。修繕が行われたことで、ちょっと整備されてしまいました。
徳川将軍家の菩提寺・伝通院から、幸田露伴・文邸の前の善光寺坂のムクノキを通って巡るのがオススメです。



●大宗寺
新宿区新宿2-9−2
寺自体もう趣は全くありませんが、圧倒する閻魔像・奪衣婆像があります。閻魔の斎日1月15、16 と7月15、16の年2回のみ扉が開かれ目の前で見ることができます。



●豪徳寺
世田谷区豪徳寺2−24−7
招き猫発祥の寺といわれています。境内は風情もあってのんびりできますが、1000体以上の白い招き猫の集合体は、ちょっと狂的で見ごたえあります。



posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2017年08月14日

真夜中の黒地蔵縁盆

毎年8月10日午前0時に始まる、鎌倉覚園寺の黒地蔵縁盆に行ってきました。

二階堂の奥にある覚園寺に着いたのは真夜中0時半くらいですが、すでに50人以上の人が来ています。正月のような賑やかさはなく、ろうそくの揺れる灯籠のみの道を、皆静かに進んでいきます。

木立の中、まず「愛染明王」をまつる愛染堂で静かに参拝します。六地蔵を横に見ながら進むと、小さな地蔵堂の中、読経する僧侶の奥に「黒地蔵尊」が浮かび上がります。そこでも参拝を済ますと右手に洞穴のような”やぐら”が見え、中に入ると灯明に照らされた十三仏が岩壁にあり、二人の僧侶の読経が洞穴内に響き渡ります。その後、本堂=薬師堂の、薬師三尊と十二神将の迫力ある姿を参拝してお参りは終了します。

初めて訪れましたが、丑三つ時に近い深夜、灯籠や灯明のみの寺は、日中では味わえない体験をさせてくれます(特に読経の響く「十三仏やぐら」は、視覚と聴覚が一体化したような不思議な気持ちになりました…)。この日は、観音様にお参りすると、四万六千日間お参りしたのと同じ御利益を授かると言われている縁日「四万六千日」でもあり、同じく午前0時から始まる杉本寺にも寄ってきました。こちらもライトアップされた仁王像や本堂の運慶作十一面観音、地蔵菩薩など、鎌倉最古の寺ならではの貴重な仏像を真夜中に拝観できます。

今回は訪れませんでしたが、四万六千日縁日は、長谷寺は朝4時から安養院は朝5時から開門します。

覚園寺
神奈川県鎌倉市二階堂421

杉本寺
神奈川県鎌倉市二階堂903


闇の中の写真です。今一つ伝わりません…。*なお仏像は写真撮影禁止となっています。

- 覚園寺・黒地蔵縁盆 -
kurojizo1.jpg

kurojizo2.jpg

kurojizo3.jpg

- 杉本寺・四万六千日 -
sugimoto.jpg



posted by Kadan at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2017年07月04日

90年目の竹の花

sankeien.jpg

50年から120年に一度しか咲かない「竹の花」が、なぜか日本中で次々と開花しています。中には天変地異が起きるのでは、と言ってる人もいますが、一生に一度見られるかの貴重な機会、それが近所の三渓園で咲いているというので、行ってきました。

三渓園では、およそ60年ぶりといわれる「オロシマササ」と90年ぶりといわれる「タイミンチク」が同時に咲いている、ある意味奇跡的な状況で、朝日新聞でも紹介されていました。1928年に咲いたとの記録があるので、昭和3年以来の開花です。花は、写真を見ればわかりますが、非常に地味で、鬱蒼とした「タイミンチク」では探すのがなかなか大変で、多くの人が見つけるのに苦労してました。花が終わると一斉に竹全体が枯れるとも言われ、謎に包まれた「竹の花」。三渓園では間違いなく、少なくともあと90年は「タイミンチク」の花を見ることはできません…。

sankeien_sasa.jpg
オロシマササ:うまく撮れてないので分かりづらいです

sankeien_take.jpg
タイミンチク:なかなか花を見つけるのが大変でした


●朝日新聞より
90年ぶり、超レアな開花 横浜・三渓園の竹
http://www.asahi.com/articles/ASK6262TBK62ULOB01X.html


posted by Kadan at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2017年06月23日

今も輝くガウディの処女作

casavicens.jpg

130年以上前に建てられ、今まで個人の邸宅として使用されていた、アントニ・ガウディの処女作と言われる「Casa Vicens(カサ ビセンス)」。2014年、アンドラの銀行モラバンクが購入したことから、歴史的遺産として改装され、10月から一般公開されるようです。

50年を超えると老朽化して危険、資産価値がない、と建て替える日本と違い、100年以上前の家が普通にあり、歴史あるものを修繕し街の美しさを守る精神が残るヨーロッパでは、特に珍しい古さではないでしょうが、ガウディの処女作、そしてこのビジュアルはかなりすごいものです。

●IROIROより
天才建築家ガウディの処女作「カサ・ビセンス」が今秋より一般公開
https://irorio.jp/omochi/20170617/405229/


posted by Kadan at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2017年05月15日

花の横浜

garden.jpg
-第33回全国都市緑化よこはまフェアHPより-

ゴールデンウィークの混雑も過ぎたので、街のいたるところが花で彩られる「第33回全国都市緑化よこはまフェア-横浜・花と緑の物語」を観に行ってきました。

臨海部の「みなとガーデン」とズーラシア隣接の「里山ガーデン」の2エリアで開催されているのですが、行ったのは近場の「みなとガーデン」です。横浜公園から日本大通り、豪華客船セレブリティ・ミレニアムとシーボーン・ソジャーンが入港していたので大桟橋へ寄り道して、山下公園を廻ってきました。

どこも花だらけで見所満載ですが、お勧めは「日本大通り」です。普段でも散歩にお勧めの”絵になる”通りですが、バラを中心に色とりどりの花に包まれた日本大通りは一層魅力的で豊かな一時を与えてくれます。「全国都市緑化よこはまフェア」は、6月4日(日)まで開催されています。

●第33回全国都市緑化よこはまフェア
http://yokohama-fair2017.city.yokohama.lg.jp/


hana1.jpg

hana2.jpg

hana3.jpg

hana4.jpg




posted by Kadan at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2017年04月03日

桜の霊園

sakura_ab.jpg

桜の季節、いろんな名所がありますが、酒を飲んで騒ぐ目的でなければ、霊園はお薦めです。ブルーシートもなければテキ屋もいないので、本来の桜を愛でる意味でのお花見に最適です。

墓地・霊園というと敬遠する方も多いですが、緑に包まれ木々や花の咲く、手入れのされた霊園にはマイナスの要素はありません。逆に穏やかな気持ちになる所が多く、静かな環境で桜を観ることができます。

ここでは東京近郊の緑多く、桜の美しい墓地・霊園をGoogleマップで紹介します。

●青山霊園
都心の一等地にありながら緑が多く、気品すら感じる素晴らしい霊園です。六本木や表参道にも歩いて行けるのも便利です。


●谷中霊園
ここも落ち着けて、のどかな気分になれます。日暮里から上野まで、なんとも懐かしい気分に浸れる散歩道でもあります。


●多磨霊園
ちょっと都心から遠いですが、その分広大で、桜並木も見事です。著名人の墓も多く散策するには一番です。


●鎌倉霊園
新しい霊園で他の歴史ある霊園ほど趣はありませんが、広大な敷地にある桜並木周辺は計算された庭園のようです。



posted by Kadan at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光