2020年07月10日

タイムマシンで体験したいライブ

今のライブは音が良くていいのですが、いろんな技術が進歩しすぎてその場で作られる圧倒的なエネルギーは希薄になってしまったように感じます。まだPAやコンピューターが発達していなかった頃のライブは、その映像を観るとそのまま世界(人生観)が変わってしまうような陶酔する”濃厚な空気”があったように思います。

もしタイムマシンがあってそんな体験できるなら、ぜひ行きたい伝説のようなライブがいくつかあります。その中にいたらどんなだったろう、当時体験した人に憧れすら感じてしまうライブです。

● 1971年、箱根アフロディーテのピンク・フロイド
1971年8月6日、箱根アフロディーテのライブです。ピンク・フロイドの演奏が始まると、山から霧が下りてきて会場を包み込んだと言われる伝説のライブです。曲の原子心母と相まってそれは幻想的だったでしょう。最も観てみたいライブです。

Atom Heart Mother - Pink Floyd


● 1977年、キャピタル・センターのイーグルス
1977年3月21日、大ヒット直後のキャピタル・センターの有名なライブです。1995年の東京ドームのライブに行きましたが、懐かしの大ヒット曲を無難に演奏している、といった感じで今一つ心が動きませんでした。ヒットさなかの高揚する凄さがこのライブ映像には満ち満ちています。

Hotel California - Eagles


日本のライブからも一曲。
● 1985年、ヤマハリゾートつま恋の吉田拓郎
1985年7月27日 - 7月28日のオールナイトライブです。一世代上の音楽で、70年代マニアになってからの完全な後追いで知った吉田拓郎ですが、樹々に包まれたつま恋でのオールナイトの中、高中正義や後藤次利をバックにした「落陽」は生で観てみたい演奏です。

落陽 - 吉田拓郎



posted by Kadan at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2020年06月28日

動物根付の魅惑

netu1.jpg

根付は、着物の帯や印籠やたばこ入れなどに引っ掛ける留め具ですが、現在のシンプル路線な装飾デザインとは真逆の、なんでもありな芸術表現の極みのような世界を持っています。

特に動物をモチーフにした根付は多様で、また魅力的でもあります。光村推古書院の「根付の図鑑《動物》」には、そんな工芸品として一級品の動物をモチーフにした根付が多数紹介されています。シンプルな表現のものから、よくぞこんな風に構成したな、と驚嘆してしまうものまで、観ているだけで楽しいです。


posted by Kadan at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本紹介

2020年06月19日

Partial Solar Eclipse 6.21

nisshoku.jpg

6月21日の夕方、日本全国で部分日食が見られます。南西に行くほど大きく、沖縄などの南西諸島では三日月形ほどまで欠けるようです。16時頃から始まり、18時前後で終わります。

東京や横浜あたりは、16時11分に欠け始め、17時10分最大、18時3分に終了します。私の家は13階ですが、西はタワマンがあるのでちょっと厳しいかもしれません…。海側のみなとみらい橋にでも行ってみようかと思っていますが、まあ何よりも天気も心配です…。



posted by Kadan at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記