2018年05月03日

さよならAirMac

無線LANを一般的に広めたAppleのAirMacが、やはりというべきか販売終了します。

1999年発表された当時、iMac DV SEと一緒に初代のグラファイトAirMacを購入し、白い初代AirMac Extreme、コンパクトなAirMac Express、802.11n Wi-Fi対応のAirMac Expressと使い続けてきましたが、ipv6の設定がうまくいかなかったことからBUFFALOに変え、使わなくなってしまいました。モデルチェンジごとにデザインが普通になり、ここ数年は新しいモデルも出ず、今回の販売終了もある意味仕方ない気もします。

まだまだ知られてなかった無線LANやUSBを一般的に普及させたAppleですが、ジョブズがいなくなりiPhoneが万人向け商品になったことで、斬新で、すごいモノを出すApple、というイメージが薄らいできています。初代グラファイトAirMacやPower Mac G4 Cubeが出た頃の、コスト後回しの徹底したこだわりのデザインを商品化し、デザイナーやAppleファンをワクワクさせた、あの感じはもう味わえないのかもしれません。さよならAirMac。

airmac1.jpg
初代のグラファイトAirMac

airmac2.jpg
初代AirMac Extreme

airmac3.jpg
802.11n対応AirMac Express



posted by Kadan at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2018年04月27日

春をあつめて

行動力のない私でも春になると出かけ始めます。ただ3時寝の夜型なので、朝早く出かける活力はありません‥。よって近場ばかりの神奈川の春をあつめてみました。

観音崎
spring20181.jpg

spring20182.jpg

山下公園
spring20183.jpg

spring20184.jpg

小田原城址公園
spring20185.jpg

spring20186.jpg


hr.gif



HPの+ELPH+を更新
ホームページ+ELPH+ studio Kanda Kadanを更新し、日本の宿総覧に宿情報を追加しました。詳細は、+ELPH+ studio内「+What's New」を御覧ください。

elphbanner234.jpg




posted by Kadan at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月20日

スウェーデンの「幸せなひとりぼっち」


生きる希望をなくした偏屈な男と近所に越してきたイラン人女性家族との交流、再生をユーモアに描く、2015年のスウェーデンの映画「幸せなひとりぼっち」を紹介します。

最愛の妻を亡くした59歳の男オーヴェは、口うるさく偏屈で近所から煙たがられています。父のいた鉄道会社に18歳から勤め続けていましたがリストラされ、絶望し、首を吊って自殺しようとしますが、隣に越してきたイラン人女性パルヴァネ家族が騒がしく、なかなか実行できません。陽気な彼女を疎ましく思いつつ、接するうちに徐々に彼も変わっていきます…。

映画は、冬の木漏れ日のようで、重苦しくなくハッピーエンドな結末(最後に死がありますが)なので気軽に楽しめます。日本と違って福祉が充実しているスウェーデンですが、やはり高齢化社会、そしてお役所仕事などいろいろ問題があるのもわかります。


posted by Kadan at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介