2021年05月02日

ノレるプログレ

いや変拍子多用なので、正確にはノレるというのとは違います。重厚・難解なイメージで、ポップスや商業ロックを聴く人を拒絶してしまう曲が多い中、初めて聴いてもかっこいい、そんなプログレの曲を紹介します。

ポップスもソフトロックも大好きですが、プログレはもっと精神的に深いところで音楽を聴きたい時に重宝します。ちょっとそんな気分でプログレを聴き始めようかな、という方には、聴きやすいYesの「こわれもの」あたりから入るのがいいでしょう。

● Roundabout - Yes
イエスの代表曲です。クリス・スクワイアのベースがうねります。


● The Great Deceiver - King Crimson
陰と狂気を感じるキング・クリムゾンの凄まじいアンサンブルです。


● Freefall - Camel
まったくノレませんが軽快な変拍子がかっこいいキャメルの名曲です。



posted by Kadan at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2021年04月18日

Macデスクトップ時計

tokeiup300314.jpg

メニューバーやTouch Barにデジタル時計はあるのですが、どうしても数字を確認する、という意識が必要で、デスクトップの端にアナログ時計を置きたくなります。以前はAdobe AIRベースの「chronog air」を使っていたのですが、Catalina以降、今のBig Surは64bitアプリしか動作しないので使えなくなってしまいました。App Storeでいろいろ探してもchronog airほどのクオリティある見た目のものがなく、シンプルなものか、作者が作った時計をそのまま使うものばかり。半ば諦めていたのですが、"Unlimited customizable clocks"とある「OnTime」というアプリを見つけました。

インストールしてみると結構細かくカスタマイズできます。Background項目で文字盤の画像さえ用意すれば好みのデスクトップ時計が作れるわけです。IWCやLANGE & SOHNE、ROLEXや自分のオリジナル文字盤を気分に合わせて変え、デスクトップに配置できるようになりました。

ただ、無料なので文句は言えませんが、Hands(針)はカスタマイズできず、用意されているものだけです。オーソドックスなものが少なく、その点だけがちょっと残念です。




posted by Kadan at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ

2021年04月06日

くちぬいのリアル

田舎暮らしに憧れを持っている人にはお薦めしない、坂東眞砂子の小説「くちぬい」を紹介します。怪異的なホラーというより、神を侵害するものを神に代わって成敗しても罪ではない、と無垢に信じる村人の狂的怖さを存分に味わえます。

定年退職後、趣味の陶芸に没頭したい夫竣亮と放射能汚染の不安から東京を逃れたい妻麻由子は、高知の山奥の白縫集落に移住してきます。老人ばかりの村で二人は歓迎され、移住した山村の暮らしに期待を持ちますが、神社に続く道の上に竣亮が陶芸の窯を作ったことから村人と衝突し、水道管の破壊、車庫の地面に刃物、猫の死骸を吊るすなど陰湿な嫌がらせが始まります。表向きは笑顔で挨拶をする村の老人たち。誰が犯人なのか疑心暗鬼になり、麻由子は徐々に被害妄想に取りつかれて行きます…。

坂東眞砂子自身が高知の山の中に引っ越した際に、土地の区分をめぐり陰湿な嫌がらせを受けたことから着想を得たと巻末に書かれています。頭でイメージした憧れの田舎暮らしと違い、そこは地縁・血縁と因習に包まれた排他的な世界(逆に自分が村人の立場に立てば、考え方もそれまでの人生もわからない余所者に偏見や警戒するのも理解できます)。そのなんとも言えない”中の者”と”外の者”の乖離が、ゾッとするほどリアルに伝わってくる作品です。




posted by Kadan at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本紹介