2022年08月22日

1967年とは思えない「It's All Too Much」

前回、日本の1967年も時代として魅力的と書きましたが、こと音楽に関してはやはり違いすぎます。

日本の1967年ヒット曲は、「夜霧よ今夜も有難う」や「小指の想い出」などムード歌謡全盛で、ビートルズの影響を受けたはずのグループサウンズも、芸能事務所による作られたバンドなので、「ブルー・シャトウ」などロック風ムード歌謡でしかありません(生まれる前年の曲なのにどれも知っている、という意味ではすごいヒット曲なのでしょうが…)。

同じ1967年、じゃあビートルズはどんな曲をやっていたかといえば、今聴いてもすごい「Strawberry Fields Forever」や「I Am the Walrus」などです。中でもギターのフィードバックがすごい「It's All Too Much」を聴くと同じ1967年なのか?と疑ってしまうくらいです。フィードバックによる浮遊感と疾走感あるドラムは、サイケでシューゲイザーの元祖とも言えます。

エンディングに向かってマーシーズの「Sorrow」や、クラシックの「デンマーク王子の行進曲」が挿入されています。作者ジョージも言っていますが、ブラスはない方がよかったですし、Too Muchの連呼もない方がかっこいいかなと思います。

● It's All Too Much - The Beatles


posted by Kadan at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2022年08月10日

憧れのサマー・オブ・ラブ

サマー・オブ・ラブと呼ばれた1967年の夏は、夢見るような憧れの時代です。60年代後半に青春時代を過ごせた方が本当に羨ましい。もちろん、中流階級白人大学生で本場サンフランシスコのヒッピー文化体験がベストですが、年々経済成長し、リアルタイムでビートルズの新曲が聴けて、サイケでフラワーな文化を体験でき、アングラ演劇が勃興した昭和元禄時代の日本の大学生も羨ましいです。

タイムマシンがあったら、江戸の文化文政時代、大正浪漫時代、そしてこ1960年代後半が行きたいベスト3です。憧れの1967年の気分に浸れる名曲をどうぞ。

● Lucy in the Sky with Diamonds - The Beatles


● Somebody To Love - Jefferson Airplane


● Let's Go to San Francisco - The Flower Pot Men


参照記事: uDiscovermusic日本版より「サマー・オブ・ラブとは何だったのか?:革命を巻き起こした1967年の夏とビートルズの傑作」
https://www.udiscovermusic.jp/stories/summer-of-love-1967

hr.gif


+ELPH+ studioのサイト全体を整理し、日本の宿・日本の銘菓の情報を更新しました。WallPaper/壁紙は、サイズが多様化しているため、MacbookのRetinaディスプレイなど高品質モニタのメイン解像度WQXGA(2560x1600)とiPhoneのメイン解像度(2532x1170 & 2340x1080)のみに整理しました。

elphbanner234.jpg



posted by Kadan at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2022年07月31日

怖いAI版「おやすみなさいおつきさま」

アメリカで1947年に、日本でも1979年に発行されたロングセラー児童書「おやすみなさいおつきさま」の世界をAIで生成した画像が強烈なものになっています。

アート性の高いAI画像生成ツール『Midjourney』に物語のストーリーを入力、そこから自動で生成させた画像なのですが、その世界は、昔ハマったペヨトル工房の「夜想」を見るようです…。

本来の、「おやすみなさいおつきさま」は、子うさぎが部屋のものから音や景色にまで「おやすみなさい」と言いながら暗くなって眠りにつく、という子供の寝かしつけの定番の児童書ですが、AI版「おやすみなさいおつきさま」は、子供にトラウマを植え付けるほど怖い世界になっています。



詳細記事:カラパイアより
「子供用寝かしつけ絵本の挿絵をAIで生成したら、悪夢で3日3晩うなされるレベルのホラー作品に」
https://karapaia.com/archives/52314731.html?utm_source=twitter.com


posted by Kadan at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報