2017年10月13日

ナマケモノ三昧

一生のほとんどを樹にぶら下がって過ごし、食事は1日大さじ1杯にも満たない8g、排便排尿も週1という超省エネな「ナマケモノ」。色々謎の多い生き物ですが、その姿は和みます。特に保護された子供のナマケモノと人の触れ合う姿・仕草は、庇護本能を誘い、妙な笑みを浮かべてしまいます。

爪の数からミユビとフタユビがいて、結構姿が違います。どちらも他にない愛らしさがあるので、下記動画で笑みを浮かべて下さい。







posted by Kadan at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2017年10月07日

トラヴェリング・ウィルベリーズを聴きながら

Traveling WilburysのVol.1を聴いていた最中の悲報でした。異なる所属レコード会社のため、「ウィルベリー兄弟」という設定で1988年に結成された、大物だらけのバンドTraveling Wilburysです。

メンバーは、「プリティウーマン」のロイ・オービソン、フォーク・ロックの神ボブ・ディラン、元ビートルズのジョージ・ハリスン、E.L.Oのジェフ・リン、そしてトム・ペティと超豪華な組み合わせでした(ビートルとディランの合体はすごいことでした)。

Vol1発表後、ロイ・オービソンが急死し、そして今、ボブ・ディランとジェフ・リンの二人だけになってしまいました。30年という時が思った以上に短いものだとつくづく感じ、驚くばかりです…。

●Handle With Care


●Dirty World


●Not Alone Any More




posted by Kadan at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2017年10月01日

旧帝国ホテルの再現


20世紀を代表する建築家フランク・ロイド・ライトが設計した、帝国ホテル旧本館を再現し、体感できるVR作品「帝国ホテル・ライト館の再現」の製作を凸版印刷が着手しました。

ヨーロッパの都市なら普通に現実体験として泊まれる100年前のホテルも、日本ではVRでの疑似体験になってしまうのが悲しいですが、名建築としての帝国ホテル・ライト館の内部を知ることができるのは、とても興味深いプロジェクトです。

”老朽化”を理由にした”合理化”で、名建築が簡単に消えてゆく日本では、VRで疑似体験する道しかないのでしょう。


●凸版印刷、帝国ホテル旧本館VR再現
〜フランク・ロイド・ライト氏が設計した、帝国ホテル旧本館「ライト館」の在りし日の全容を再現するVR作品の製作に着手、「フランク・ロイド・ライト生誕150年記念シンポジウム」でその進捗を初公開〜
http://www.toppan.co.jp/news/2017/09/newsrelease170925.html



失われた近代建築 I 都市施設編


失われた近代建築 2 文化施設編



posted by Kadan at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報