2019年04月05日

春に鱒

春になると、シューベルトのピアノ五重奏曲「鱒」(第4楽章)が無性に聴きたくなります。なんか、心豊かで幸せな気持ちになれます。

春の渓流を眺めながら聴くのがベストですが、陽だまりの部屋で、ボーッと心を無にして聴くのもオススメです。




posted by Kadan at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2019年03月25日

ゼンリンGoogle マップ

”Google マップが変わります!”とあって、期待した人も多かったGoogle マップの「新しい地図」ですが、劣化がひどくがっかりした人も多いでしょう。

子供の頃から地図帳が好きで、ゼンリンの道無き道まで人が歩いて地図を作る職人的地図作りは常々すごいなあと思っていましたが、今回のGoogle マップ劣化の原因が、ゼンリン地図との契約解除にあったと知って納得してしまいました。

変更されたGoogle マップは、iPhoneのマップと同じ、インクリメントP社の地図をベースにしたオリジナルなようで、私道が公道になっていたり、ターミナルが普通の道になっていたり、古い物件名のままだったり、iPhoneのマップの残念さの再来なのもこれまた納得です(最もすごいのが*下記リンク)。

Googleは全世界のユーザーデータを蓄積して莫大な富を持っています。無料だから文句言うなという従順な人もいますが、ユーザーあってのGoogleです。ぜひ職人気質なゼンリンと再契約して、正確で使いやすいGoogle マップに戻ってほしいものです。

*特にひどい例(山の影が湖になってます)
https://japanese.engadget.com/2019/03/22/google/


● Don't let me down



posted by Kadan at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2019年03月19日

プログレな春

構築美やヘヴィーなアンサンブルなどプログレ系は春に合わなそうですが、この季節なぜか、聴きたくなるプログレ系の曲を紹介します。

●Brother of Mine - Anderson Bruford Wakeman Howe
黄金期Yesメンバーが結成したA.B.W.Hの1989年の作品です。冬の澄んだ朝焼けのような始まりから、春の嵐を経て、浮き立つ春に向かうような印象を受けます。


●In Dulci Jubilo - Mike Oldfield
70’sのTubular Bellsといい、80’sのポップなFive Miles Outといい、Mike Oldfield得意の展開していく曲はどれもいいですが、この牧歌的でありながら、うねるギターが聴けるこのインストは、春にぴったりです。


posted by Kadan at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介