2018年07月10日

バクテリアアート

bact.jpg

技術、根気も尋常ではないすごさですが、微生物バクテリアをアートにする発想力もすごいです。

おそろしく小さなバクテリアの形状をデザインナイフで繊毛など緻密にカッティングし重ね合わせ、1m四方ほどの作品にしています。有機的な妖しさを見事なまでに表現していて、ポスターとして欲しくなります。

●Rogan Brown - Paper Sculptures
https://roganbrown.com/section/327584.html

●GIZMODOより
これぞ超絶技巧。バクテリアの培養をリアルな紙彫刻にしたアート
https://www.gizmodo.jp/2018/07/170696.html



posted by Kadan at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報

2018年07月04日

アジアの片隅で

80年代、中学で松田聖子を卒業し、ビートルズをきっかけに高校からはピンク・フロイドなどUK60s70sロックを聴き始め、洋楽の歌詞のすごさを知り始めた頃、「夜のヒットスタジオ」で、吉田拓郎の「アジアの片隅で」を聴いて圧倒されました。

当時80年代邦楽は軽快なシティーポップ全盛の時代で、直近の70年代は古臭くダサいもののような扱いでしたが、若者が憧れるラブソングな歌詞ばかりの軽い80年代邦楽に興ざめしていた私にとって、10年遅れで70年代フォーク・ロックのヘビーさに惹かれました。

「夜のヒットスタジオ」でも別格扱いだった10分あるこの泥臭く暑い「アジアの片隅で」は、80年代の世相にはマッチしていなかったかもしれませんが、今YouTubeで聴いても心動かされます。




posted by Kadan at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介

2018年06月25日

ソフトクリームの季節

ソフトクリームがおいしい季節になりました。昔から出かける先に美味しいお店がないかを調べる程、ソフトクリームに惹かれています。高級スイーツ店のアイスやジェラートもいいですが、家では決して食べられないソフトクリームは、やはり別格です。ただ商品選びで難しいのもソフトクリームです。

スーパーのフードコートにあるものは日世ソフトクリームミックスを機械に入れて作るだけのものですが、最近は”クレミア”も含め日世はいろんなラインナップがあり侮れませんし、逆に牧場系とか生クリームを売りにして3.400円代なのに脱脂粉乳と甘いだけのチープなものもあったりします。また観光地などでカップアイスを練っただけの”ソフトアイス”をソフトクリームとして売っている場合も多々あります。

個人個人好みもありますが、ここでは、東京から2店鋪、近郊3店舗、おすすめのソフトクリームを紹介します。


●北海道どさんこプラザ
東京でも1・2を争う有名なソフトクリームです。ソフトクリーム好きで食べていない人はいないでしょう。
千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル 1F


●メルティング イン ザ マウス
昔のデイリークイーンにような丸みのある見た目のソフトクリームです。
渋谷区広尾5-17-10


●ピネキ(木村ピーナッツ)
ピーナツバター・クリームが好きな方には必食の濃厚なピーナッツソフトです。
千葉県館山市下真倉236-3


●アイス工房メーリア
東戸塚なので観光ついでというわけにはいきませんが、評価の高い牧場系ソフトクリームです。
横浜市戸塚区品濃町836-2


●清泉寮ジャージーハット
関東ではありませんが、プレミアムソフトの祖ともいえる超有名な清泉寮のソフトクリームです。
北杜市高根町清里3545


posted by Kadan at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり情報