2018年03月31日

桜散歩 椿山荘周辺

以前から行こうと思っていたものの場所的になかなか行く機会のなかった、カテドラル関口教会、椿山荘周辺へ花見がてら行って来ました。

カテドラル関口教会は、ルルドの洞窟と丹下健三氏設計の大聖堂が見所です。フランスのルルドの洞窟を模した明治44年(1911年)に作られた異空間ルルド、SF的空間の大聖堂内、教会では日本一大きいパイプオルガンの響きなど、どれも非日常を楽しめます。
*無許可で撮る人も多いですが聖堂内は写真撮影禁止です

カテドラル関口教会、椿山荘と同等に行きたかった胸突坂もオススメです。この坂は坂マニアにも有名で、蕉雨園、永青文庫、水神社など両脇に緑が多く、時の流れがゆったりとした趣ある坂です。

桜の季節は神田川沿いの遊歩道も魅力的です。途中椿山荘への入口があり庭園を巡ることができます。椿山荘は、古くから椿が自生する「つばきやま」といわれ、明治期に山縣有朋が自分の屋敷として「椿山荘」となり、戦後藤田観光により現在の椿山荘になりました。庭園内は緑溢れる山で、古木や寛文九年(1669年)作の青面金剛の庚申塔もあり歴史を感じます。

文京区関口、目白台周辺は、閑静で散策するにはとてもいい環境です。紅葉の季節に水神社のイチョウを観にまた訪れたいと思います。

katechin1.jpg
カテドラル関口教会大聖堂

katechin2.jpg
ルルド

katechin3.jpg
胸突坂

katechin4.jpg
神田川

katechin5.jpg
椿山荘


posted by Kadan at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2018年03月25日

桜餅の祖「長命寺 桜もち」

sakuramochi.jpg

そろそろ桜餅が食べたくなる季節です。桜餅には、小麦粉を薄く焼いた皮であんを包んだ関東風と道明寺粉を使い半餅状であんを包んだ関西風の2種類がありますが、元祖は、向島の「長命寺 桜もち」と言われています。由来は、1717年(享保2年) に長命寺の門番をしていた山本新六という人が、桜の落ち葉に手を焼き、ふと思いついて桜の葉を塩漬けにし、あんこを小麦粉の薄皮で包んだものをその葉で巻いて売ったところ、大人気になった、ということです。

この長命寺の桜もちは、広く出回っている関東風桜餅とはちょっと違います。桜色の皮であんをロールし、一枚の桜の塩漬け葉で包んだものが関東風桜餅のイメージですが、長命寺の桜もちは、白く薄い皮を二つ折りにしてあんを挟み、三枚の桜の塩漬け葉で包んでいる、元祖ならではの桜餅です。

江戸時代の隅田川の土手は、桜並木の名所で、土手からは遠く富士山も見えてたことでしょう。現在も長命寺横に本店がありますが、目の前の道路の上を首都高が通っていて江戸情緒はありません…。それでも近所の老舗の団子3つ600円以上ような老舗価格ではなく、1つ200円と手頃なので、元祖桜もちを食べてみたい方は一度訪れてみてください。





●長命寺 桜もち
墨田区向島5-1−14
http://sakura-mochi.com/


posted by Kadan at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック観光

2018年03月19日

三月の頃

この三月は引越難民急増とありました。運転手不足や通販の拡大で配送業者が多忙になり、1月に見積もり依頼しても3月に引越出来ない人が続出しているようです。

このニュースで、多摩美の卒業式後、部屋探しが遅れたため中々新居が見つからず、4月初めまで引越できずにいた頃を思い出しました。みんな新たな生活の街へ旅立って行き、1人取り残されたような、なんとも言えない寂しい気持ちがよみがえりました。街を歩いて「もうみんないないんだ…」とつぶやいた時の街の情景まで浮かんできます。

当時ユーロビート全盛の中、私は6.70年代の音楽ばかり聴いていて、郷愁あるこんな曲を聴くとあの頃のいろんな情景が脳内を駆け巡ります。


●Every Little Move She Makes - Tony Burrows


●いつのまにか少女は - 井上陽水




posted by Kadan at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽紹介